11月中がラストチャンス! 高1女子のHPVワクチン無料接種

特に子宮頸がんの原因として知られるヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチンを無料で受けたいなら、高校1年生女子はこの11月がラストチャンス―—。

定期予防接種の対象となっているHPVワクチンは小学6年生から高校1年生までの女性なら無料で受けられますが、高校1年生のうちに3回接種する必要があるため、必要な間隔を考慮すると、通常は高1の9月末までに1回目を受けなければなりません。

そのため、9月末に間に合わずに諦めた方がいるかもしれませんが、接触間隔を短縮した最短4カ月以内での接種が可能です。

ただし、短縮した接触間隔を希望する場合、事前にしっかりと医師に希望を伝えることが重要です。

北多摩エリアでは、東久留米市にある「アルテミス ウイメンズ ホスピタル」が最短4カ月での接種方法について相談に応じています。

 ◎アルテミス ウイメンズ ホスピタル 

ところで、気になるHPVワクチンの効果ですが、子宮頸がんの主な原因となるウイルスを90%以上予防できるとの報告などがあるようです。
国内では、子宮頸がんの患者は年間1万1000人ほどおり、年間で約2800人が亡くなっています。

なお、もし自己負担でHPVワクチンを接種する場合は、1回あたり約1万5000円です。3回接種が原則なので、4万5000円ほど負担することになります。

 ◎アルテミス ウイメンズ ホスピタル

 ◎厚生労働省 HPVワクチンQ&A

 ◎一般社団法人「みんなで知ろうHPVプロジェクト」

編集部おすすめ

1

地域紙「タウン通信」の2020年12月2日号のPDFが下記からご覧いただけます。 この号では、新型コロナウイルスによる教育現場への影響について、東久留米市にある自由学園の更科幸一校長(男子部)にお聞き ...

2

世界中が新型コロナウィルス禍に右往左往しているうちに、今年も納めの月となりました。例年ならば、クリスマスや忘年会で盛りあがる時なのですが―。 暦を見ると、今年は「七赤金星(しちせききんせい)」が中宮に ...

3

新型コロナウイルスの拡大は、「教育」にどのように影響しているのでしょうか。 「『コロナ』と地域」をテーマに各方面に取材を行っている「タウン通信」では、今回、幼児部から最高学部(大学に相当)まである私立 ...

4

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

5

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

6

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

7

小平市が、「(仮称)小平市第三次環境基本計画」の素案を作成し、市民の意見を募るパブリックコメントを行っています。意見募集は12月15日(火)までです。 「(仮称)小平市第三次環境基本計画」は、市が進め ...

8

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

9

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.