「縄文里山」をふるさと納税でつくる! 西東京市・下野谷遺跡で

西東京市が、市域に広がる縄文時代の集落遺跡「下野谷遺跡」の保存・整備にあたり、“クラウドファンディング型ふるさと納税”による寄付を募っています。

下野谷遺跡の整備イメージ(西東京市報道資料より抜粋)

 

下野谷遺跡は縄文時代中期(約5000年〜4000年前)におよそ1000年続いた集落の遺跡で、南関東では最大級の規模を持ち、国史跡に指定されています。西武新宿線「東伏見」駅の南方で、石神井川を見下ろす台地にあり、約13万4000平方メートルもの広さがあります。

現在は、その一部が公園として整備され、竪穴住居の骨格復元が野外展示されています。

この貴重な遺跡を適切に保存し、後世に継承していくことを目的に、市では「保存活用計画」を策定し、その整備に着手しています。

今回の「縄文里山」はその一環で、縄文時代の風景を再現するような里山を整備することで、遺跡への理解促進や地域活性化を図ります。また、学校での郷土学習などにも役立てていく考えです。

その整備にあたり、西東京市教育委員会では、ふるさと納税を活用した、クラウドファンディング型での寄付を募っています。

目標額は200万円で、来年1月31日(日)までの募集。

特典として、1万円以上の寄付をした人(団体)には、遺跡地内に芳名掲示があります(希望者のみ)。

また、1万円未満の場合は、寄付した人全員に、「(仮称)ムラ人証」が贈られます。

市によると東京でこのような「縄文のムラ」を復元する取り組みは初とのことです。

詳しくは、サイト「ふるさとチョイス」へ(該当ページはこちら)。
または、西東京市秘書広報課・社会教育課からも直接手続きができます(TEL042-460-9803)。

 ◎「ふるさとチョイス」 したのや縄文里山プロジェクト
 
 ◎下野谷遺跡公園

 ◎下野谷遺跡保存活用計画


2020/9/14

西東京市郷土資料室

西東京市郷土資料室は、かつての小学校(西原第二小)の校舎を活用する「西原総合教育施設」の2階にある展示室です。 西東京市の歴史にかかわる資料を、5部屋(教室)にわたって紹介しています。 展示の様子を動画にまとめました。郷土資料室を担当する渡邉明徳さんの解説も収録しています。 動画(1分59秒)   下野谷遺跡の出土品、市民寄贈のジオラマなど この郷土資料室の特徴の一つは、国史跡に指定されている下野谷遺跡の紹介が多彩にされている点です。出土した土器などのほか、縄文時代の暮らしをイメージした展示など ...

ReadMore

2018/4/3

縄文モニュメントが東伏見駅周辺に

国史跡「下野谷遺跡」のPRに 国史跡の「下野谷遺跡」をより広めようと、西東京市は先月25日、東伏見駅周辺4カ所に、モニュメント(23~35センチ)を設置しました。 下野谷遺跡のキャラクター「したのやムラ」の「しーた」と「のーや」などが、ブロンズ製で、北口、南口に設置されています。   音声ガイド装置付きのモニュメントも このうち、南口ロータリーのモニュメントには遺跡を紹介する音声ガイド装置が付いています。 台座にあるハンドルをぐるぐる回してからボタンを押すと音声が流れる仕組みで、その操作の面白さ ...

ReadMore

2018/1/24

見つけたゾ! 下野谷ムラの食事情

 縄文研究に市民も参加  2月10日、遺跡価値伝えるシンポジウム 縄文時代にこの地域でマメの栽培・管理が行われていた――? 2月10日、西東京市にある国史跡・下野谷遺跡の研究から見えてきたことを紹介するシンポジウムが、保谷こもれびホールで開かれます。 テーマは「食」。 この研究には市民も参加しており、考古学研究者に交じって、市民の立場からの報告も予定されています。 (※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています) 土器に植物などが残されていないかを探す市民たち。遺物 ...

ReadMore

2017/10/5

したのやムラで見た星は… 5千年前の夜空をプラネタリウムで投影

多摩六都科学館、西東京市の協力で 世界で最も多くの星を映せるとしてギネス認定されたプラネタリウムを持つ多摩六都科学館で、5000年前の下野谷遺跡(西東京市)から見上げた星空が再現されます。星空は今も昔も変わらないのでは? と思いがちだが、意外な事実を教えてくれる同館オリジナル番組です。投影は6日(金)から。 (※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)   西東京市製作のVRを活用 番組は、同館がある現在の西東京市からスタート。冒頭で同市の国指定史跡・下野谷遺跡 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.