食品を無料で手渡し! 田無駅前わいわいフードパントリー

食品を無料で手渡すフードパントリーが、西武新宿線「田無駅」の南口前で実施されています。

公民館講座をきっかけに発足した市民団体「西東京わいわいネット」によって行われている「わいわいフードパントリー」は、毎週土曜日午後3時から4時までと、毎週水曜日午後7時から8時まで開かれています。

活動が始まったのは、10月3日から。ちょうど丸2カ月となる12月5日(土)の回にお邪魔してみました。

(当日の様子を動画にまとめています。代表からのコメントも収録しています)

動画(1分16秒)


 

オープン直前にリンゴの差し入れも

会場となっているのは元八百屋の店舗です。

半開きのシャッターをくぐって中に入ると、3人のスタッフが、この日配る食品を並べていました。

長机1台強ほどのカウンターに並んだのは、米、パスタ(乾麺)、ジャガイモ、タマネギ、カップラーメン、子ども向けのお菓子といった食品。「お正月前なので」と、お餅の用意もされていました。

公平に分配できるように、例えば「米は1袋まで」「ジャガイモ・タマネギは合わせて5個まで」などと、食品ごとにルールが決められ、紙で張り出されています。

そうしたセッティングに追われている間にも、ボランティアスタッフが次々と集まってきました。中には大学生、さらに中学生の姿も。

「大学生など若い人たちがいると子連れで来た人たちの気持ちも和む」(スタッフの保谷史子さん談)とのことで、確かに、彼らが加わることで場が明るくなったように感じられました。

さらに、オープンまであと10分というタイミングで、ダンボール箱を抱えた男性の姿も。

「電話した者ですが、田舎からリンゴが送られてきたので……」

と声を掛ける男性。

寄付のために初めて訪ねてきたとのことで、すぐさま、ダンボールいっぱいのリンゴが食品の列に並びました。

 

笑い声が溢れるシーンも

午後3時ぴったりにシャッターをオープン。

開店同時に入ってきたのは男性と子どもの1組だけで、小雨まじりの日だったためか「今日は少ないですね。ふだんはオープン前に列ができていることが多いです」(スタッフ)とのことでした。

ちなみに、利用に予約は不要です。ふらりと寄って、食品を無料で受け取れます(初回の利用時のみ、店頭での登録手続きが必要)。

この日は、その後も来場者はポツポツという感じでした。そのせいか、店内ではゆったりした雰囲気の中で、食品を選ぶ人たちの姿が見られました。

その中には、顔なじみになっている親子も数組。子どもたちはボランティアスタッフと打ち解けており、

「これは大人だけなの!? ずるいよ!」
「こっちのお菓子は子どもだけだよ」
「やったー!」

といったやり取りが見られ、笑いが溢れるシーンもありました。

田無駅南口目の前にある「わいわいフードパントリー」(2021年3月末まで実施予定)

 

「遠慮せずに利用してほしい」

この取り組みは、来年(2021年)3月末までの期間限定で行われています。

新型コロナウイルスを受けて設けられた東京都の「子どもの食の確保」助成金を活用して実施されているもので、最初の2カ月でのべ約600人に利用されました。

その利用については、特に条件はありません。初回利用時に登録が必要ですが、その際に収入等が聞かれることはありません。

「西東京わいわいネット」代表の岸田久恵さんはこう話します。

「『困っている人のためのもの』と遠慮する人がいるのですが、全員がコロナの影響を受けています。お子さんのいる家庭はもちろん、バイトがなくなった学生や仕事が減った若者など、ぜひ気軽に来てほしいです」

岸田さんは、「重要なのは本当に困っている人に情報が届くこと。そのためには、多くの人に出入りしてもらうことが大事だと考えています」と話します。

 

子ども食堂も実施

なお、同会では、子ども食堂も実施しています。

こちらは同会のもともとの活動で、2015年から毎月第3土曜日に西東京市田無公民館で開催しています。

緊急事態宣言に伴う公民館の臨時休館により、3月から6月まで活動を休止しましたが、現在はフードパントリーと並行して行っています。

今後については、子ども食堂の活動は継続するものの、フードパントリーのほうは3月で休止する意向とのことです。

「費用負担が大きすぎて、市民の主体的な活動としては継続は無理です。ただ、もし必要性が社会的に認められ、行政などが取り組みを始めるのなら、私たちが培ったノウハウを提供したいと思っています」

と岸田さん。

加えて、「本来は、コロナとは関係なく必要な事業だと思います」と話していました。

 

寄付も募集中

同会では、寄付も呼びかけています。開催日の店頭で物資・現金を受け付けるほか、金銭の場合は、ゆうちょ銀行の口座振り込みも可能です。

ゆうちょ銀行

【店名】〇一八
【店番】018
【口座番号】普 9912780

【名義】西東京わいわいネット

また、ボランティア参加も募集しています。

詳しくは岸田さん 042・467・0498    hisae.kishida@gmail.com

 

【わいわいフードパントリー】
土曜日午後3時〜4時
水曜日午後7時〜8時
田無駅南口・階段目の前
食品の受け取りは無料/初回利用時のみ、店頭での登録が必要/利用に予約は不要

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.