「渋沢栄一とガス事業」展 ガスミュージアムで開催中

2021年1月16日

「日本資本主義の父」とも呼ばれ、2021年にはNHK大河ドラマ「晴天を衝け」が放送されることでも注目を集める渋沢栄一。
約600もの事業に携わった渋沢は、東京ガスの創設者でもあり、ガス事業には35年にわたってかかわりました。

そんな渋沢とガス事業について紹介する企画展「渋沢栄一とガス事業――『公益追求』実践の軌跡」が、「GAS MUSEUM   がす資料館」で開かれています。

貴重な写真資料のほか、渋沢邸に設置されていた実際のガス燈頭部などが展示されています。

渋沢栄一氏肖像写真 1883年(明治16)撮影 「龍門雑誌」第522号より (写真は「ガスミュージアム」提供)

飛鳥山渋沢邸のガス街灯頭部 明治時代 (写真は「ガスミュージアム」提供)

 

企画展は以下の4つのエピソードで構成されています。

1、(夜を明るく)  :東京の街に文明開化の明かりを灯すガス灯事業の創生

2、(商いを明るく) :室内照明の需要開拓で黒字転換しガス民営化(東京瓦斯会社創立)

3、(都市の経済を力強く):都市経済の発展をエネルギーインフラ補強と新技術利用で後押し

4、(暮らしを豊かに) :一般家庭向けに新たな生活価値を創出した国産ガス機器の投入

渋沢の功績とともに、日本のガス利用の歩みを知る良い機会になりそうです。

なお、赤レンガが目を引く同館は、明治末期に建てられた東京ガスの建築物を移築復元して利用されています。
園庭にあるガス燈は実際に灯されており、明治・大正期の街灯の雰囲気を感じることができます。

東京瓦斯株式会社 銅版画「東京風景」より 1897年(明治30) (写真は「ガスミュージアム」提供)

 

会期は3月28日(日)まで。午前10時から午後5時までで、月曜休館。
入場無料。

詳しくはガスミュージアムへ。

 ◎ガスミュージアム 企画展「渋沢栄一とガス事業」

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.