「渋沢栄一とガス事業」展 ガスミュージアムで開催中

2021年1月16日

「日本資本主義の父」とも呼ばれ、2021年にはNHK大河ドラマ「晴天を衝け」が放送されることでも注目を集める渋沢栄一。
約600もの事業に携わった渋沢は、東京ガスの創設者でもあり、ガス事業には35年にわたってかかわりました。

そんな渋沢とガス事業について紹介する企画展「渋沢栄一とガス事業――『公益追求』実践の軌跡」が、「GAS MUSEUM   がす資料館」で開かれています。

貴重な写真資料のほか、渋沢邸に設置されていた実際のガス燈頭部などが展示されています。

渋沢栄一氏肖像写真 1883年(明治16)撮影 「龍門雑誌」第522号より (写真は「ガスミュージアム」提供)

飛鳥山渋沢邸のガス街灯頭部 明治時代 (写真は「ガスミュージアム」提供)

 

企画展は以下の4つのエピソードで構成されています。

1、(夜を明るく)  :東京の街に文明開化の明かりを灯すガス灯事業の創生

2、(商いを明るく) :室内照明の需要開拓で黒字転換しガス民営化(東京瓦斯会社創立)

3、(都市の経済を力強く):都市経済の発展をエネルギーインフラ補強と新技術利用で後押し

4、(暮らしを豊かに) :一般家庭向けに新たな生活価値を創出した国産ガス機器の投入

渋沢の功績とともに、日本のガス利用の歩みを知る良い機会になりそうです。

なお、赤レンガが目を引く同館は、明治末期に建てられた東京ガスの建築物を移築復元して利用されています。
園庭にあるガス燈は実際に灯されており、明治・大正期の街灯の雰囲気を感じることができます。

東京瓦斯株式会社 銅版画「東京風景」より 1897年(明治30) (写真は「ガスミュージアム」提供)

 

会期は3月28日(日)まで。午前10時から午後5時までで、月曜休館。
入場無料。

詳しくはガスミュージアムへ。

 ◎ガスミュージアム 企画展「渋沢栄一とガス事業」

編集部おすすめ

1

北多摩エリアの西東京市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市(※人口順に記載)の5市の市議会では、3月中に、来年度(2021年度)の予算が審議されます。 1年のお金の使い途を決める予算審議は、各市の方 ...

2

近畿地方では、奈良東大寺の「お水取り(3月1日~14日)が終わると春が来る」と言われているようですが、なるほど3月も半ばとなれば、もうすぐ春分の日。水もぬるんで、いよいよ「陽の気」がぐんぐん伸びてくる ...

3

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。 市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約1 ...

4

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学 ...

5

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

6

「谷戸商店街協同組合」(以下、谷戸商協)が、先月、「Go To 商店街」を活用し、商店街を紹介するウェブサイトの公開と、小冊子を発行しました。 「Go To 商店街」を活用して公開された谷戸商店街のウ ...

7

西東京市長選挙をぐちゃぐちゃにされたので、やり直しにしてほしい―—。 池澤隆史市長の確認団体が選挙期間中に配布した法定ビラ2号の内容は違法だとして、2月22日に、西東京市の選挙人60人が「西東京市長選 ...

8

西東京市長に当選した池澤隆史市長陣営が選挙期間中に発行した「法定ビラ」の問題が波紋を広げています。 投票日直前に新聞折込などで市内全域に配布されたビラで、 「逗子での失敗のリベンジは逗子でやってくださ ...

9

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。  (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ) 現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員た ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.