「丸いポストのある風景」写真展  ルネこだいらで

都内の自治体で最も丸いポストが多いことから「丸ポストの町」を標榜する小平市で、写真作品展「丸いポストのある風景」が開かれています。

昨秋に実施したフォトコンテストに集まった546点のうちから、入賞作12点と、入選作89点を展示紹介しています。

金賞作品は後藤美香さんの作品「昭和の時代の思い出の中で」。

「昭和の時代の思い出の中で」(後藤美香さん撮影)

 

香川県高松市で撮影したという1枚は、石原裕次郎主演映画「嵐を呼ぶ男」の看板やコーワのキャラクターでおなじみ「ケロちゃん・コロちゃん」など、「昭和」の雰囲気がたっぷり。
そんな目で見るせいか、遅めのシャッターで動きを流した2人の女性が、不思議と昭和の頃の姿に見えてきます。あえて人物の細部を見せないところに撮影者の狙いを感じます。女性が笑顔なのもいいですね。

構図としては、石原裕次郎の赤い服と丸ポストの赤が対角線上で配置されているのが絶妙です。一見、右上の裕次郎に目が行く写真ですが、実は丸ポストのどっしりした存在感があって、写真としての安定感が生まれています。
まさに、「丸ポストのある風景」を切り取った一作といえます。

 * * *

銀賞は糸賀一典さんによる「赤瓦と待ち合わせ場所」。
こちらは島根県大田市にある石見銀山大森郵便局前での撮影です。

「赤瓦と待ち合わせ場所」(糸賀一典さん撮影)

 

見る者を驚かせる写真ならではのモチーフと構図で、丸ポストの朱色が際立っています。
「待ち合わせ場所」というタイトル通り、人が数人写っているのも温かみを感じさせて好印象です。丸ポストが人々の身近にあることを感じさせ、企画テーマに合致しています。

撮影者にとって不運だったのは、中央下側のパイロンでしょう。
一直線上にあるため、これはこれで美しい写真になっていますが、この2か所の朱色はなかったほうが丸ポストの朱色が際立ったように思われます。

 * * *

同じく銀賞のもう1作は、小池基夫さん撮影の「東京駅内ポスト」。
タイトル通り、撮影場所は東京駅構内です。

「東京駅内ポスト」(小池基夫さん撮影)

 

魚眼レンズないし超広角レンズを使用した作品と思われますが、見慣れない光景を見せてくれるのは写真作品ならではです。手前左側の柱の大迫力と右隅に配置された丸ポストが、構図として絶妙なバランスを取っています。

近未来のような光景の中で、丸ポストの懐かしのフォルムがあるというのがユニークですね。

コロナ禍の影響によるものと思われますが、こんなに閑散とした東京駅の風景はめったにないのかもしれません。「今」を切り取るという意味でも、価値ある1枚です。

 * * *

最後に紹介したいのは、小平丸ポスト賞に選ばれた、荻野有希さん撮影の「ぼくは名カメラマン」。

「ぼくは名カメラマン」(荻野有希さん撮影)

 

市民に気軽な応募を求めたこの企画にふさわしい1枚です。「ベストショットを!」と狙う子どもの姿がほほえましいですね。

北多摩エリアの方々にはおなじみですが、撮影場所は、小平市ルネこだいら。今回の写真展が実施されている会場です。

ルネこだいら前には、「丸ポストの町」のシンボルとして、日本一高い丸ポストが設置されています。

なお、会期は3月31日(水)まで(1月25日・26日、2月24日・25日、3月15日・16日は休館)。

会場は小平市ルネこだいら。

入場無料。

詳細は小平市ルネこだいら(公式サイト)

 ◎小平市ルネこだいら

2017/12/6

都内No.1! 懐かしかわいい「小平の丸ポスト」

「小平ふるさと村」の入り口に、昔懐かしい丸ポストがあるのをご存知ですか? 実は、小平は、東京都内の自治体では、最も多くの丸ポストがある町なんです。 その数、実に37本(※使用できる丸ポストの数は32本)。23区内には丸ポストが5本しかないことを考えると、その多さがわかります。 現在普及している四角いポストが登場したのは、1970年。郵便物を貯める中袋を交換するだけで収集ができる四角いポストに対して、小さな取り出し口から少しずつ郵便物を取り出さなければならない丸ポストは、「手間が掛かる」との理由で、置き換え ...

ReadMore

2021/1/15

「小平の四季と市民のくらし」テーマに写真募集

小平市の魅力を捉えた写真を選ぶ「ルネフォトコンテスト」で、作品が募集されています。 応募締切は1月31日まで。 前回の金賞作品(「早朝の宮出し」 撮影者:齋藤 力さん)   作品テーマは「小平の四季と市民のくらし」。誰でも応募ができますが、撮影場所は小平市内限定になります。また、2020年1月1日以降の撮影作品に限られます。 今回が27回目となる作品展。 金賞は3万円、銀賞は2万円など賞金も用意されています。 応募の詳細は公式ホームページご参照を。  ◎小平市ルネこだいら(小平市文化振興財団、応 ...

ReadMore

2020/11/16

小平市の見どころ10選

小平市の見どころをピックアップ。 「10選」としましたが、小平市は実は見どころの多い地域。選ぶのに苦労しました。 小平市は「プチ田舎」を標榜し、“都心から最も近い観光地”として地域をアピールしています。市域には11もの駅があり(隣接駅を含む)、交通の便が良いのも魅力です。 「もっと良いところがあるよー」の声も聞こえてきそうですが、編集部視点の10選を以下にご紹介します!   開拓の歴史を今に伝える 「玉川上水・用水路」 10選といいながら、いきなり「玉川上水」と「用水路」の2つの要素を入れてしま ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

東久留米市では、30%のプレミアム付き商品券を追加販売する。 6500円分の商品券を5000円で購入できる。 「ブラック・ジャック」のキャラクターと、東久留米市のマスコットキャラクター・るるめちゃんが ...

2

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

3

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

4

コロナ禍のもと、異例づくしの夏が終わって、日の入り時刻もどんどん早くなってきました。長月といえば9月の異称ですが、これは「夜長月」から転じた言葉。23日の秋分の日を過ぎたら、いよいよ秋の夜長の到来です ...

5

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

6

猛暑続きのなか、一旦雨が降り出せばたちまち豪雨という昨今。台風も本格化するこの時季に、地域の水害の恐れについて調べてみた。 洪水や土砂崩れの危険地域はハザードマップで示されているので、一度はチェックし ...

7

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

11

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.