2021年7月の運勢は…?九星気学で鑑定

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、暑さがますます厳しくなってくるころ。28日は土用の丑の日で、今年もやっぱりウナギでしょうか。

でも、夏といえば涼やかなアユの塩焼きもいいもの。通人の話によれば、7月のアユは骨ごと食せて、旬のうちでも最も美味なのだとか。

ところで、アユは漢字で書けば鮎。そう、魚偏に「占い」ですね。いったい、なぜ?

アユ(鮎)命名については、こんな話(鮎釣り伝説)が伝えられています。

今では、八幡神社などにお祭りされている神功皇后(応神天皇の母)は、新羅出征に際してその勝敗を占うために釣りをして、一匹の魚を釣りあげました。戦は勝利、との神託です。以来、その魚は「鮎(アユ)」という字が当てられるようになったといいます。

ちなみに、神功皇后は、現代では勝負事や安産を守護する神さまです。

* * *

今月は、どの本命星の方も、消化器系の不調に要注意。食中毒による発熱の暗示もあって、新型コロナによる発熱と紛らわしい。体調に気を配って、ちょっとでもおかしいと思ったら、すぐに医師の診察を受けてください。

 

一白水星:1927年、36年、45年、54年、63年、72年、81年、90年、99年、2008年、2017年
二黒土星:1926年、35年、44年、53年、62年、71年、80年、89年、98年、2007年、2016年
三碧木星:1925年、34年、43年、52年、61年、70年、79年、88年、97年、2006年、2015年
四緑木星:1924年、33年、42年、51年、60年、69年、78年、87年、96年、2005年、2014年
五黄土星:1923年、32年、41年、50年、59年、68年、77年、86年、95年、2004年、2013年
六白金星:1922年、31年、40年、49年、58年、67年、76年、85年、94年、2003年、2012年、
七赤金星:1921年、30年、39年、48年、57年、66年、75年、84年、93年、2002年、2011年、2020年
八白土星:1920年、29年、38年、47年、56年、65年、74年、83年、92年、2001年、2010年、2019年
九紫火星:1919年、28年、37年、46年、55年、64年、73年、82年、91年、2000年、2009年、2018年

(※上記の生年表は西暦で記載しています。2桁のところは1900年代です。なお、九星気学の鑑定では「節分」が節目です。1月1日から2月3日までの間の生まれの方は、前年が本命星となります。例えば、1993年1月29日生まれの方は七赤金星ではなく、前年1992年の八白土星が本命星となります)

 

[九星別運勢]

一白水星

取らぬ狸の皮算用。見通し甘く、散財傾向。異性の誘惑ご用心。

気が大きくなって、うまいこと言われると何でもその気になってしまいそう。

しかし、勝負事、投機的なことにはツキがなく、周囲には口のうまい、危ない男女もうろうろ・・・。

今月は、大きいことをするのではなく、一白本来の細心の注意力をもって、本来の仕事を無難にこなしたい。

不確実な情報は信じないで。

 

二黒土星

家族とすごしてレジャー運は好調。ケンカは、負けるが勝ち。

旧友と再会したり、過去の問題が蒸し返されると、やっかいなことに。人のケンカの仲裁もやめて。

財布は軽くなる傾向だけれど、忘れていたお金が出てくることもある。引き出しの中など、整頓してみてほしい。

こんな時代でもレジャー運は吉。家族や親戚と、新しいレジャーの楽しみ方を考えてみて。

 

三碧木星 

やる気はあるが、弱点も出やすい。有言実行で、有終の美を。

自分の弱点がモロに出てしまえば、失敗も。たとえば、物事、掛け声だけで尻すぼまりに終わってしまったり。

でも、今月は有力な協力者(主に年長の)もいることだし、しっかり周囲の期待に応えたいところ。

そのためには、独断で先走ることなく、人のアドバイスを素直に聞いて、粘り腰で詰めをしっかりと。

 

四緑木星

楽しさの中に油断。楽観的につっ走ってはダメ。火の用心!

おだてられて、調子にのってはいけない。そのあたり、四緑は人がよくて、とかく狡賢い人にだまされやすい。

特に今月、書類、印鑑などのかかわる事柄には要注意。

また、異性の誘惑にも気をつけるべきで、ここでしくじると、今秋から来年へとつづく幸運期を棒に振ることになる。

 

五黄土星

巣ごもり続行、で無難。おうち時間を楽しみつつ体力温存を。

少々お疲れ気味。エアコンの調節に気を配り、過食にもご用心。

とはいえ、家庭は平和で、新たなマイブームも生まれそう。

特に手先の器用な人は、手芸、工芸などの分野で才が発揮できる。

旧友から連絡があったら、それもいい知らせ。外出にはツキがないけれど、オンラインで情報交換も気分転換にいい。

 

六白金星

勢い任せの速攻は通用しない。押したり引いたり、柔軟に。

シャープな突撃が得意な六白だけれど、今月はそれが、なんだか見当外れ。

交渉事も予想に反して、分が悪い。

公私とも、契約や約束事は来月にまわして、じっくり空気を読むことが必要。

話し合いは、頭をやわらかくして、相手の立場に立ってみると、意外な道筋が見えてくることも。焦らないで。

 

七赤金星 

仕事も婚活も一歩前進。積極策と笑顔で、新しい出会いも吉。

先月来の努力が、はやくも実ってくる時。

こんな時代でも心は前向き、それが周囲にも伝わって、明るい流れができてくる。

特に遠方との交流から道が開けてくるから、オンラインの利も生かせる。

早朝の散歩で心身を整えたら、1日のスタートは万全。緑の多い、風の吹き抜ける場所が、今月のパワースポット。

 

八白土星 

油断大敵、ルーティンを丁寧に。交渉事は、簡潔に自己主張を。

対人関係は吉凶あるが、相手が愚痴っぽいことを言いはじめたら早めに切りあげるのが得策。

仕事の場面では、相手のペースに巻き込まれないことも大切。

なんとなく気が緩みやすい月だけに、仕事と余暇のめりはりをつけて、余暇のすごし方に工夫をしてみたい。

家族で楽しめることを見つけて。

 

九紫火星 

気力充実、周囲も協力的。口論は、相手の誘導尋問にご用心。

自分の考えを積極的に打ち出して、周囲を巻き込んでいく力のある時。プロジェクトチームとしての活動もいい。

とはいえ、あまり自己主張が過ぎると、つい余計なことまで口走って墓穴を掘ることに。

個人情報に類するようなことも、しゃべらないで。後々、思わぬウワサの種ともなりかねないから。

 

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか

編集部おすすめ

1

都内のモスバーガー156店舗で、小平市産のブルーベリーを使った地産地消メニュー「まぜるシェイク 東京小平ブルーベリー」が7月15日(木)から数量限定で販売されます。 バニラシェイクに、ブルーベリーソー ...

2

7月9日(金)から16日(金)まで予定されていた多摩地域などを走る「東京2020オリンピック」の聖火リレーは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、公道での走行を中止としました。 各自治体で予定され ...

3

地域振興策として、7月1日(木、2021年)から8月31日(火、同)まで、西東京市内の対象店で電子決済サービスPayPayで支払いをすれば、最大で25%分のPayPayボーナス(ポイント)が受けられる ...

4

無投票で2議席が確定した東京都議会議員選挙の小平市選挙区。ルール上問題はないことは分かるが、どこかスッキリしない印象も……。 その理由を探るに当たり、当選した当人の磯山亮(りょう)都議を訪ねました。 ...

5

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、暑さがますます厳しくなってくるころ。28日は土用の丑の日で、今年もやっぱりウナギでしょうか。 でも、夏といえば涼やかなアユの塩焼きもいいもの。通人の話によれば、7 ...

6

東村山市では、市内の対象店舗にてスマホ決済サービス「PayPay」で決済した場合に、支払額の最大20%のPayPayボーナス(ポイント)が付与される「第2弾 がんばろう東村山!最大20%戻ってくるキャ ...

7

原発事故から10年たっても放射能が身近にあることを忘れないで――。 西東京市の市民が運営する放射能測定所「にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお」(以下、あるびれお)が、「3・11から10年プロジェ ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

11

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

12

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.