2022年4月の運勢は…?九星気学で鑑定

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。

17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。

世の中は戦争やコロナ、すわ地震か、節電だ、北のミサイルだ・・・・・・とあわただしく、人の心も揺れ動きますが、暦は淡々と繰られていきます。

これからしばらくは、1年中で最も若々しい「気」にあふれた季節。こんなご時世だからこそ、心を鎮めて春の日差しを体いっぱいに浴びて、自然の活力を取りこみたいものです。

* * *

・・・とはいうものの、今月は花粉症やぜんそく気味の方にとってはつらい季節。4月といえば十二支では辰の月ですから、実際、どの本命星の方も、のどや呼吸器に関しては特段の注意が必要。不調は長びく傾向にありますから、早めの治療が肝心です。

 

一白水星:1927年、36年、45年、54年、63年、72年、81年、90年、99年、2008年、2017年

二黒土星:1926年、35年、44年、53年、62年、71年、80年、89年、98年、2007年、2016年

三碧木星:1925年、34年、43年、52年、61年、70年、79年、88年、97年、2006年、2015年

四緑木星:1924年、33年、42年、51年、60年、69年、78年、87年、96年、2005年、2014年

五黄土星:1923年、32年、41年、50年、59年、68年、77年、86年、95年、2004年、2013年

六白金星:1922年、31年、40年、49年、58年、67年、76年、85年、94年、2003年、2012年、

七赤金星:1921年、30年、39年、48年、57年、66年、75年、84年、93年、2002年、2011年、2020年

八白土星:1920年、29年、38年、47年、56年、65年、74年、83年、92年、2001年、2010年、2019年

九紫火星:1919年、28年、37年、46年、55年、64年、73年、82年、91年、2000年、2009年、2018年

(※上記の生年表は西暦で記載しています。2桁のところは1900年代です。なお、九星気学の鑑定では「節分」が節目です。1月1日から2月3日までの間の生まれの方は、前年が本命星となります。例えば、1993年1月29日生まれの方は七赤金星ではなく、前年1992年の八白土星が本命星となります)

 

[九星別運勢]

 

一白水星

年長者の覚えめでたく、多忙も嬉しい。勝負事ではポカ連発。

公私とも多忙で、仕事も人のお世話も苦にならない。一方、いつもは地味目な一白も今月はちょっと贅沢、散財傾向も。古い問題が蒸し返されたら不利、さりげなくスルーしたい。本業に力を入れれば周囲も認めてくれるし、結果は良好。人生、いい感じに回っていくけれど、投機的なことではカンが狂って後悔のホゾをかむことに。

 

二黒土星

飲食の楽しみ多く、モテ期到来。とはいえ仕事の手抜きは厳禁。

新しい出会いもあり、恋愛運も好調。一方、本業でも頼られることが多く、ここでやる気と実力を見せたいところ。ついつい遊び優先にしてしまうと、残念なことにもなりかねない。地味な仕事も骨惜しみせずやっていくと、後日、思わぬチャンスに恵まれる。出費はかさむ傾向。家の西側をきれいにすると、金運、恋愛運とも上昇。

 

三碧木星 

得意の芸で場を盛りあげて人気者に。変化の兆しは吉とでる。

新しい出会いの多い新年度、もともと元気のよい三碧はいよいよ本領発揮。いまだコロナ禍の沈滞ムードはあるものの、歌や楽しいおしゃべりを発信したら、状況にも変化。さて、ここで一呼吸。今までとちょっと違ったことをしてみる。少しだけ方向転換をしてみる。それが、今年の大きな飛躍へとつながる。

 

四緑木星

2度あることは3度ある。ケンカ、散財、うまい話にご用心。

周囲の華やいだ雰囲気にのせられて、自分の気分もちょっと上滑り。モテて喜んでいるうちに、カモにされたり。物事は、吉凶ともにくり返される暗示がある。吉事がおきたら神に感謝、凶事がおきたら続発を警戒して。いずれの場合も、後におこるものほど大きくなっていく。自分の気持ちを引き締めることが大切。

 

五黄土星

退一歩、守りの姿勢で無難。迷ったら先輩や専門家に相談を。

気力、体力とも低迷気味。こんな時は、何事も強引に出てはダメ。公私とも、今までのやり方を守りながら、状況をじっくり見つめてみて。ふと新しい策を思いつくこともありそう。迷ったり、逆にひらめくことがあったら、信頼できる知人や専門家に相談するのが得策。焦って独断で暴走してはいけない。

 

六白金星

気力復活、準備態勢整えて。トラブルは小さいうちに対策を。

気分も安定して、やる気もでてくる時。でも、ここで急発進してはダメ。今月は周囲の状況、足下をしっかりと見て、活動のための環境を整えていくことが先決。何かと雑用が多く、人間関係でも厄介なことが多い。切るべき縁は、切ることも必要かも。それが、来月以降の強運の波にのるためのカギとなる。

 

七赤金星 

明るい個性全開で笑門来福。過去の努力も花開き昇給もあり。

これから初夏にかけては、賑やかなことの多い好運期。楽しいおしゃべりで場を盛りあげたら、福の神も来ようというもの。とはいえ、調子にのって進みすぎると空回りということも。でてくる話はややオーバーで、根拠が乏しいきらいがある。恋も仕事も手を広げすぎず、的を絞りこんで着実に。

 

八白土星 

万事まとまりやすく縁談も好調。積極策で、少し上を狙いたい。

いい流れにのって物事が成就する時。力の出し惜しみをしないで、難題にもチャンレンジしてほしい。交渉事はやや長びく傾向があるけれど、途中で気を抜かないこと。遠方や思いがけない方向から耳よりな情報が入ってくるから、広くアンテナを張っておくといい。ウォーキング、サイクリングで気分転換を。

 

九紫火星 

周囲がゴタついて意気阻喪。雑音は気にせず本業に集中して。

やるべきことはいろいろあるのに、足下ではトラブル続出。ヘンなウワサが立ったり、人間関係も難しい・・・。でも、それは一過性のもので、そう根深いものではなさそう。焦らず、自分がいまやるべき仕事を第一に進めて。心身を整えるために温泉は有効だけれど、旅行は失せ物などの心配があるから、しっかり者の連れがいると安心。

 

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.