体験で実感「可能性は無限!」モダンバレエ指導者 伊藤淳子さん

2022年5月3日

公演の傍ら、各所で指導も行うダンサー。

この春から、小平市花小金井のスタジオで、新規にモダンバレエの教室を開いている。モダンバレエはトーシューズを履かない自由なバレエダンスで、教室ではスタジオ・ジブリのピアノ曲などに合わせて踊ることも多い。指導者になるまでには「山あり谷あり」のドラマがあった。

伊藤淳子さん

     ◇

祖母の勧めで幼少時にモダンバレエと出会った。続けていくうちに、勉強も課外活動も忘れるほど夢中になった。

が、育ったのは、宮城県の「田舎町」。当時は閉鎖的な雰囲気もあり、「変わったダンスをしている子」「みんなと一緒に活動しない子」といったレッテルを貼られることになった。

やがて、不登校に。鬱々とした気持ちを抱える日々で、ダンスだけが心の支えだった。

ダンスを究めたい――と、名門の日本女子体育大学舞踊学専攻に進学。卒業してダンサーとして活躍し始めた直後に、再び試練が訪れた。23歳で胃がんを発病。胃を全摘した。

ダンサーとしてはもう無理か……。諦めの気持ちの一方で、若さもあり、「負けたくない」「きっとできるはず」という熱い思いも胸に湧き上がってくる。少しずつ体を動かすなかで、思ったよりもできることに、光が差した気がした。

「また踊れるようになり、舞台に復帰できました。それだけでなく、私は、結婚して、2人の子どもを出産することもできたのです。諦めなければどんなことでもできるんだ、可能性はあるんだ、と実感しています」

そんな感動を子どもたちに伝えていきたいと、指導活動を開始。世田谷区や調布市で教室を開き、さらにモダンバレエを広めたいと、この春に小平市でも開講した。

「モダンバレエの魅力は、自由さ。思いのまま、感情を表現できる踊りです。コロナもあって、息苦しい状況にあるからこそ、特に子どもたちに、感情を表出できるモダンバレエに親しんでほしいですね」

いとう・じゅんこ 1981年、宮城県生まれ。現代舞踊協会会員。コンクール、公演等の出演歴多数。

レッスン風景

     ◇

花小金井の教室「まきばバレエ」は、キッズクラス(3歳~小学1年)、ジュニアクラス(小学生)の2クラスを開講。共に月曜夕方に実施。会場はカルチャースタジオ花(花小金井南町1の14の24)。入会金無料、月会費1万円。詳しくは伊藤さん(☎080・6809・4246 junkotakano0422@gmail.com)へ。

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.