絵本で公正な選挙を呼びかける 『どうぶつ村のせんきょ』出版

2022年5月17日

子どもにも大人にも、選挙の大切さを知ってほしい――このほど、選挙のあり方を問う絵本『どうぶつ村のせんきょ』が、西東京市の市民らによって制作・出版された。

ある「どうぶつ村」での村長選挙を舞台に、政策を主張し合う選挙をしようと訴える内容のもの。一昨年の同市市長選挙で対立候補者へのネガティブキャンペーンが行われたことを受けて企画されており、出版にかかる費用などは、「私たちの一票を守るためのプロジェクト」としてクラウドファンディング(CF)で集められた。CFには170人以上から当初目標の100万円以上が寄せられた。

 

選挙が題材でもあり、内容的には硬派だが、布絵の手法を用いた絵が優しく、文字も手書きで、親しみやすく工夫されている。

なお、制作したのは、はなぞのかなこさん(文)、山口あずささん(文)、ふるうちTARAさん(絵)、友田シズヱさん(英訳)の4人。

企画から中心となって動いた山口さんは、「『フェアである』ことも『選挙に行く』ということも、大人が子どもに模範を示すべきもの。絵本を通してぜひ考えてみてほしい」と話している。

A5判、32㌻、あけび書房。1100円。全国書店、ネット書店で販売中。

     ◇

なお、6月12日㈰午後7時から同市柳沢公民館で、「西東京市長選挙・異議申し立ての会活動報告会」が開かれる。無料。詳しくは山口さん(YamaguchiAzusa@democracy.jp)へ。

 

『どうぶつ村のせんきょ』(アマゾン)

クラウドファンディング「私たちの一票を守るためのプロジェクト」

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.