円安・株安で見直される不動産活用の資産形成

2022年8月17日

不動産からのまちづくりを考えるシリーズ。

今回は、円安・株安の中で見直される資産としての不動産を考える。

 * * *

円安・株安が続いている。

たかだがこの数カ月の現象ともいえるが、再び急増している新型コロナウイルス感染症や世界情勢の不安定さを考えると、経済状況はこの先も混沌とする可能性が高い。

そのようななかでいつも見直されるのは、実物を伴った資産になる。代表的なところでは「金」。実際、この4月には過去最高の国内価格を更新し、今も高値推移している。

そしてもう一つの代表格が「不動産」だ。

 

不動産市場は…

ただし、資産としての不動産を見たとき、現状の金ほど楽観はできないものがある。

不動産の場合は立地などの諸条件の影響も大きく、端的にいえば、勝ち組・負け組がはっきりとしやすい。

条件の悪い物件を所有し続けると、かえってそれは財産を目減りさせることもあり得る。

空室が生じがちなアパートやテナント、売り手のつかない空き家、借り手のいない駐車場……。

今の人口減少に歯止めがかからない限り、この状況が変わることは恐らくない。

 

物件に価値を付ける

では、不動産の所有者はこれからどうすれば良いのだろうか。

「立地などに影響されない、付加価値をつければいいのです」

そうアドバイスするのは、ひばりヶ丘駅そばの「ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業」の清水二郎さんだ。

「個人所得が上がらないなかで、今はシェアハウスが人気です。ですから、アパートでなくシェアハウスにするのも一つの方法です。また、生活保護受給者や障がい者など、なかなか住まいを見つけられない人に貸すのも良いでしょう」

そう話すと「トラブルが心配だ」と反応するオーナーが多いそうだが、同社では、地域のNPОと連携したり、リフォームの工夫などでオーナー負担を軽減しているという。

「安心して、ご相談ください」と清水さん。

自己防衛が必要なこれからの時代。不動産を生かした資産形成をお求めなら、ご相談を。

ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業

編集部おすすめ

1

9月23日は二十四節気の秋分。太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等分です。 季節はこれから「陰」の気を深くしながら、秋の夜長へと移行していきます。空気も澄んで、夜空に輝く月もひときわ美し ...

2

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

3

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

4

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

5

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

6

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

7

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

8

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

9

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.