外国人が写した1990年代の田無の街並み

2018年2月7日

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」

カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1991年の田無駅前の街並みを撮影したものです。

動画を再生すると、まだASTA(アスタ)が建てられる前の、駅前通商店街の様子を見ることができます。2009年に初めて西東京市を訪れた私の眼には、1991年当時の田無駅北口の風景は、非常に新鮮で、どこか懐かしく映りました。

個人店が立ち並ぶ活気ある商店街、建物に遮られることのない広い空、雑然としながらもどこかシンプルな街並み、エスカレーターのない駅の階段、改札で切符を切る駅員さんーー郷愁を誘う、数々の光景が記録されています。

動画の1分頃からは、田無駅南口の風景が映っています。北口と比べると、当時の面影が現在も残っているように感じました。

「わ、セブンイレブンはこんなに前からあったんだ!」「あー、この書店は今もある!」「RAJ(ラジ=石川の好きなカレー店)って、昔は青果店だったのかぁ~」と、なんだか興奮してしまいました。ぜひ、みなさんも動画を見てみてください。

 

撮影者にアプローチ。すると…

さて、動画を観たみなさんは、私と同じ疑問を抱いたことかと思います。

「この動画を撮ったのは誰なんだろう?」

※見出しでネタバレしていますが……!

YouTubeのアカウントを確認すると、「Lyle Hiroshi Saxon」という名前が記載されています。時折、動画に映る撮影者の姿を見て想像してはいましたが、どうやら外国人の方がビデオを撮っていた模様。

「でも、どうして田無に?」「なぜ動画で記録を?」などなど、さまざまな疑問が湧いてきた私は、彼のブログを辿り、連絡先を発見。慣れない英語で彼にメールを送り、「取材をさせてもらえないでしょうか」と、コンタクトを試みました。

その結果……

返信していただけました!! バンザーーーーーイ!!!!!!!

次のページへ >

編集部おすすめ

1

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。 市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約1 ...

2

西東京市在住の切り絵作家・小出蒐さんが、2月初旬に、切り絵作品「疫病退散の婀魔毘依(アマビエ)」を田無神社に奉納しました。 アマビエは疫病の流行を予言した妖怪といわれており、今回の奉納は、国土の安寧と ...

3

コミュニティラジオ放送局「FMひがしくるめ」(85.4MHz)で、小平市の職員・神山伸一さんと清瀬市の職員・植田貴俊さんがパーソナリティーを務める番組「ほくほくラジオ」が、2月12日(金)、1周年を迎 ...

4

西東京市立田無第一中学校の生徒たちが、エコキャップ運動に取り組んでいます。 エコキャップ運動は、ペットボトルのふた(エコキャップ)を収集し、そのリサイクルで発生した利益を発展途上国の子どもたちのワクチ ...

5

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学 ...

6

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

7

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。  (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ) 現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員た ...

8

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で誰もが不安になっているなか、東久留米市にある「南沢シュタイナー子ども園」の担任教師で理事の鴨狩香代子さんは「子どもにコロナの情報を伝える必要はありません」と子どもを ...

9

西東京市に本社を置く「シチズン時計」が主宰する「シチズン・オブ・ザ・イヤー」(シチズン賞)の今年度の受賞者に、小平市にある放課後等デイサービス「ゆうやけ子どもクラブ」の代表・村岡真治さん(62)と、東 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.