2020年5月の運勢は…? 九星気学で鑑定

5月といえば二十四節気の立夏(今年は5日)、風薫る季節です。

例年なら、山歩きや街歩きに心はずむころなのに、今年は様相が一変しています。

新型コロナウイルス禍により、外出もままなりません。

それより、感染症にかかってしまった方は、まさに命の危険にさらされている状態です。1日も早い回復を祈るばかりです。

そして、医療関係の方々の奮闘には、ただただ感動しかありませんね。

 

イメージで「5月の氣」を取り込もう

幸いにして元気な方は、自宅で軽いストレッチをしたり、想いの世界で旅に出かけてみましょう。

ふとんの中で入眠前の少しの時間、山や海など、あなたが好きな自然の場所を思い描いてみてください。

そして、その想いの世界から気持ちのよい「5月の気」を呼吸にのせて取り込んでみてください。

これは最も簡単で、効果的な瞑想法の第一歩。エネルギーのチャージが実感できたら成功です。

 

体力温存を第一で

今月は、どの本命星の方も、体力の温存を第一に心がけてください。過去のケガなどがうずくようなことがあったら、体調低下のサイン。

休養が必要です。

 

一白水星:1927年、36年、45年、54年、63年、72年、81年、90年、99年、2008年、2017年
二黒土星:1926年、35年、44年、53年、62年、71年、80年、89年、98年、2007年、2016年
三碧木星:1925年、34年、43年、52年、61年、70年、79年、88年、97年、2006年、2015年
四緑木星:1924年、33年、42年、51年、60年、69年、78年、87年、96年、2005年、2014年
五黄土星:1923年、32年、41年、50年、59年、68年、77年、86年、95年、2004年、2013年
六白金星:1922年、31年、40年、49年、58年、67年、76年、85年、94年、2003年、2012年、
七赤金星:1921年、30年、39年、48年、57年、66年、75年、84年、93年、2002年、2011年、2020年
八白土星:1920年、29年、38年、47年、56年、65年、74年、83年、92年、2001年、2010年、2019年
九紫火星:1919年、28年、37年、46年、55年、64年、73年、82年、91年、2000年、2009年、2018年

(※上記の生年表は西暦で記載しています。2桁のところは1900年代です。なお、九星気学の鑑定では「節分」が節目です。1月1日から2月3日までの間の生まれの方は、前年が本命星となります。例えば、1993年1月29日生まれの方は七赤金星ではなく、前年1992年の八白土星が本命星となります)


[九星別運勢] 

一白水星 

オンライン飲み会で急接近の仲もあり。ビデオ体操も有効。

気分は下降気味だけれど、幸い、電気や通信に強い。パソコン、スマホを活用することで仲間とつながれば、気分も運気も急上昇。

体を動かすことも運気アップのカギで、画像を見ながらマネをしてみて。

また、思いがけず過去の知人との再会もいい感じ。

体力は今イチだから、無防備な外出や無理は禁物。

 

二黒土星 

こんな時だから遠方が狙い目。スマホが味方の遠距離恋愛も。

やる気は十分。スマホ、パソコンを活用して、小さな思いつきでも連絡、発信してみて。

仕事は、近くより遠くが有利で、従来の関係に変化もありそう。

また、意外なことに会えないパートナーとの絆がより強くなる、という嬉しいことも。

連絡手段に工夫をこらし、たまには手書きの恋文などもオツなもの。

 

三碧木星 

焦りは禁物。ヘタに動くと過去の難題が再燃。夢見にヒント。

動くに動けない状況下、なんとか行動をおこしてもツキはない。出先ではイヤ味を言われたり、落し物をしたり。

今月は気分は外に向かっているけれど、そこをグッとおさえて、内側の充実をはかりたい。

従来の方針をもう一度じっくりと考え直してみて。

本棚の奥にあった本を読み返してみるのもよい。

 

四緑木星 

運気は軽やか。人の役に立つことで、周囲を明るくできる時。

こんなご時世でも明るい気をまとっていられる四緑木星は、スマホ活用の声かけや買い物代行などで、活躍できそう。

また、テレワークでは、かなり重い仕事を任されることもあるけれど、やりがいも十分。ここで実力発揮といきましょう。

婚活中の人は、いい流れが加速する。

 

五黄土星 

巣ごもり生活でもリーダー。正しい情報を、正しく発信して。

もともとリーダーシップのある五黄土星、今月は特に自分の意見が通る時。まして思いがけない非常事態下で、その言動は責任重大。

広く、正確な情報を収集して、まわりの人たちに伝えていってほしい。

細やかな目配りで、小さな声に耳を傾けることも大切。

五黄の底力を発揮して、誰かの役に立って。

 

六白金星 

状況に一喜一憂せず、落ちついて。創意工夫で生活を守ろう。

ついやり過ぎてしまうところが、今月の弱み。とかく自分の欠点が出やすくなる。

非常事態下では、何より落ちついて、小さな改革と工夫で日常生活を淡々と継続させたい。

人の役に立ちたい性分とはいえ、自分の力をわきまえることも必要。

遠方の知人や親戚に連絡をとって、ちょっといい話が聞けそう。

 

七赤金星 

対人ストレス多く、気力も低迷。軽い体操や趣味にうちこんで。

巣ごもり生活は、むしろ幸い。外出すると人と対立したり、親切も誤解されたり。

その上、なぜかお金の逃げ足も早い…というわけで、在宅が無難だけれど、オンラインでも対人関係は要注意。

人の仲裁に入ったり、余計なことは言わないように。

一方、家でうちこめる趣味の世界からは収穫が多い。

 

八白土星 

いったん止まって、考えて。新規着手ではなく、改善改良を。

改善改良、もしくは路線変更、Uターンもあり。ただし、大金の投下は不可。

今月浮上した大きい話は見送って正解。

一方、新しいつながりや出会い自体は有望で、視野が広がり、チャンスの芽ともなりそう。

家族とすごす時間がふえた人は、古い写真の整理などをしつつ、一家のルーツを考えてみるのも楽しい。

 

九紫火星 

詐欺!? 書類のミスにもご用心。外出自粛を肝に銘じて無難。

つい「それらしい話」にのってしまったり、自分でも勝算のないことをしてみたくなったり。 

おまけに外に出ればロクなことはないから、できる限り無用の外出は控えて、本業を守ることを考えて。

生活に必要な書類の扱い、手続きなどのある人は、ミスに十分注意の上、窓口などによく確認をして。


[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか

 

編集部おすすめ

1

『よく分かる気学(東洋占星術)入門』など著書多数の野村徳子さんが鑑定 暑中お見舞い 申しあげます。 7月はバカンスの季節とはいえ、今年はいつもと違う夏。どこへ行くにもまずコロナ対策。そして熱中症にも要 ...

2

東久留米市に2店舗がある「スーパーコインランドリーしのみや」は、洗濯から乾燥までワンストップでできる、生活に便利なコインランドリーです。 大型、中型、小型と各機種があるので、量に合わせて無駄なく洗濯が ...

3

任期満了に伴う東京都知事選挙が7月5日(日)投開票で実施されるのを前に、多摩北部の各市でも選挙への準備が始まっています。 今回、とりわけ注目されているのが、投票所。1カ所に大勢が集まる場だけに、どのよ ...

4

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 ...

5

新型コロナウイルスによる影響を特に大きく受けている地域の飲食店を救おうと、各地で取り組まれている「#エール飯」プロジェクト。 各店のテイクアウトメニューの情報をSNSでシェア・拡散する取り組みですが、 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.