もつ焼き かくちゃん 〜東久留米の大衆居酒屋〜

東久留米駅北口すぐの「もつ焼き かくちゃん」は、毎日通いたくなる大衆居酒屋です。気取らない店構えに、ふらりと寄りたくなります。

オープン前の外観・内観なので、営業時とは雰囲気が異なりますが、まずはお店をご覧ください。

動画(45秒)

 

「会員」が絶対お得

「かくちゃん」の魅力は、なんといっても、串焼き1本80円からというその安さ。ただ安いだけではなく、毎日肉・魚を仕入れ、カット、串打ちから手作業で行っているのが特徴です。

「冷凍食品は一切使っていません」と、「かくちゃん」こと、代表の角田智巳さん。

さらに、席料やお通しはなし。気軽に毎日でも寄れます。

そして、見逃せないのがメンバーズカード。来店1回ごとに1スタンプを押してもらえ、5個になると最初ドリンク1杯が無料。さらに5回通って、来店10回を数えると、「永久会員」に。するとなんと、以降の来店では、最初の1杯が毎回無料です。

 

日替わりメニューが人気

代表の角田さんは、飲食業界での経験が長く、宮崎地鶏やおでんの店で修業を積み、2019年1月に念願の独立を果たしたという方です。そこで大衆居酒屋のスタイルを選んだのは、「地域の人においしいものを安く味わってほしい」と思ったからだそうです。

そんな「角ちゃん」では、客単価は、平均すると1800円くらいとのこと。串焼き2、3本に、ビールとチューハイ。さらに日替わりメニューといったところでしょうか。

ちなみに、上の動画で収録したのは、人気の「もつ煮」と、取材日の日替わりメニューとなる「刺身の三種盛り」です。この三種盛りは、この日は、マグロのノウテン・ホホ・アゴという部位別の三種。

ちなみに、これは590円と安く、角田代表自ら「サービスメニューです」と胸を張ります。実際、日替わりメニューは、人気のため売り切れることが多いそうです。

 

隠れた人気メニューは……

実は「角ちゃん」には、隠れた人気メニューがあります。

それは「親子丼」。「宮崎地鶏の店で修業時代に味わった親子丼に感動した」という角田代表が研究を重ねた逸品で、角田代表自ら2日に1度の頻度で養鶏場まで卵を仕入れにいくこだわりようです。

その卵は、1個50円。これを「角ちゃん」の親子丼では、2個使っています。「儲けは度外視」というこの親子丼は、締めで注文する人が多いそうです。

データ

もつ焼き かくちゃん

東久留米市東本町3-3

TEL042-420-1710

月曜定休

営業=火~木:17時~25時/金・祝前日:17時~26時/土:16時~26時/日・祝:16時~23時

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.