志村けんの銅像を東村山駅前に! 9/29〜10/30クラウドファンディング

2020年9月28日

東村山音頭などを通して「東村山」の名を全国に広めた同市出身のコメディアン・志村けんさんへの感謝と敬意を込め、その銅像を東村山駅前に建てようというプロジェクトが始まっています。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています。なお、このクラウドファンディングは目標額を達成して終了しました。関連記事はこちら

「一人でも多くの人に参加してほしい」の思いから、銅像建立の資金はクラウドファンディングで募ります。1口1000円の設定で、返礼品(リターン)はお礼のメール。最大30口まで。目標額は、建立費などとして2400万円です。

銅像は、等身大をイメージ。ポーズなどの詳細は決まっておらず、現在、実行委員会のメンバーで協議中です。

東村山音頭、アイーン、だっふんだ、バカ殿など多くのポーズで意見が飛び交っているそうで、改めて、志村さんの芸の多彩さが浮き彫りになっている格好だそうです。

なお、設置場所は東村山駅東口を予定していますが、こちらも詳細は決まっていません。同駅は今後再整備の計画があり、まずは仮置きにし、数年後に移動する可能性が高いとのことです。

目標額を達成できた場合、設置は来年7月頃を目指します。

志村けんさんの銅像建立に向け、寄付の呼びかけをする実行委員長の中野陽介さん(右)と東村山市の渡部尚市長

 

国難「コロナ」の中で「希望の光」に

志村さんが新型コロナウイルスによる肺炎で他界したのは、今年3月29日のこと。

死去後、東村山駅前にある志村さんにちなんだ3本のケヤキの木、通称「志村けんの木」の近くには自然発生的に花が手向けられました。その後、市が「志村けんさんへのお気持ち」としてメッセージを受け付けたところ、全国から2万2000件以上のメッセージが寄せられたといいます。

その中には「志村さんを名誉市民にすべき」「モニュメントを作ろう」といった意見もあったそうで、そうした声を受け東村山市議会では、6月に満場一致で志村さんを名誉市民に選定しています。

今回の銅像建立のプロジェクトは、東村山青年会議所や商工会青年部のメンバーが中心になっており、クラウドファンディングは、志村さんが他界されてからちょうど半年となる9月29日にスタートします。

プロジェクト実行委員会委員長の中野陽介さんは、志村さんの銅像を建てる意義をこう話します。

「『東村山といえば志村けん。志村けんといえば東村山』と言っても過言ではないと東村山市民は思っています。そのぐらい、私たちは志村さんを身近に感じ、誇りにもしてきました。そうした思いを形にしたいのと同時に、いま新型コロナウイルスという“国難”がある中で、志村さんの銅像が建つことは『コロナ』に立ち向かう象徴になると思います。全国の皆さんの希望の光となるはずです」

なお、クラウドファンディングについてはこちらから。期間は9月29日から10月30日までです。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています。なお、このクラウドファンディングは目標額を達成して終了しました。関連記事はこちら

クラウドファンディング「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」


2020/10/31

志村けんさんの銅像を建てるクラウドファンディング成功!

東村山市出身のコメディアン・志村けんさんの銅像を東村山駅前に建てようと呼びかけたクラウドファンディング「ありがとう  志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」が、10月30日に終了し、目標額を300万円以上上回る2721万2905円を集めました。支援者は6578人にのぼりました。 今後、この支援金を原資に、駅前に銅像を建立することになります。来年夏の完成を目指しています。 このプロジェクトは、東村山市の名を全国に広めた志村けんさんの功績を称え、同市の青年会議所メンバーなどが中心になって行ったもの ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.