志村けんの銅像を東村山駅前に! 9/29〜10/30クラウドファンディング

東村山音頭などを通して「東村山」の名を全国に広めた同市出身のコメディアン・志村けんさんへの感謝と敬意を込め、その銅像を東村山駅前に建てようというプロジェクトが始まっています。

「一人でも多くの人に参加してほしい」の思いから、銅像建立の資金はクラウドファンディングで募ります。1口1000円の設定で、返礼品(リターン)はお礼のメール。最大30口まで。目標額は、建立費などとして2400万円です。

銅像は、等身大をイメージ。ポーズなどの詳細は決まっておらず、現在、実行委員会のメンバーで協議中です。

東村山音頭、アイーン、だっふんだ、バカ殿など多くのポーズで意見が飛び交っているそうで、改めて、志村さんの芸の多彩さが浮き彫りになっている格好だそうです。

なお、設置場所は東村山駅東口を予定していますが、こちらも詳細は決まっていません。同駅は今後再整備の計画があり、まずは仮置きにし、数年後に移動する可能性が高いとのことです。

目標額を達成できた場合、設置は来年7月頃を目指します。

志村けんさんの銅像建立に向け、寄付の呼びかけをする実行委員長の中野陽介さん(右)と東村山市の渡部尚市長

 

国難「コロナ」の中で「希望の光」に

志村さんが新型コロナウイルスによる肺炎で他界したのは、今年3月29日のこと。

死去後、東村山駅前にある志村さんにちなんだ3本のケヤキの木、通称「志村けんの木」の近くには自然発生的に花が手向けられました。その後、市が「志村けんさんへのお気持ち」としてメッセージを受け付けたところ、全国から2万2000件以上のメッセージが寄せられたといいます。

その中には「志村さんを名誉市民にすべき」「モニュメントを作ろう」といった意見もあったそうで、そうした声を受け東村山市議会では、6月に満場一致で志村さんを名誉市民に選定しています。

今回の銅像建立のプロジェクトは、東村山青年会議所や商工会青年部のメンバーが中心になっており、クラウドファンディングは、志村さんが他界されてからちょうど半年となる9月29日にスタートします。

プロジェクト実行委員会委員長の中野陽介さんは、志村さんの銅像を建てる意義をこう話します。

「『東村山といえば志村けん。志村けんといえば東村山』と言っても過言ではないと東村山市民は思っています。そのぐらい、私たちは志村さんを身近に感じ、誇りにもしてきました。そうした思いを形にしたいのと同時に、いま新型コロナウイルスという“国難”がある中で、志村さんの銅像が建つことは『コロナ』に立ち向かう象徴になると思います。全国の皆さんの希望の光となるはずです」

なお、クラウドファンディングについてはこちらから。期間は9月29日から10月30日までです。

クラウドファンディング「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」


2020/5/12

志村けんさんへの想いを、市が受付

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)で3月29日に他界したタレント・志村けんさんへの思いを、東村山市が5月16日まで受け付けています。 志村さんの逝去後、市では東村山駅前の「志村けんの木」近くに献花台を設けていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、4月5日に終了しています。 思いを伝えたいというファンは多く、今回、市は、ホームページ上でメッセージを受け付け、遺族に伝えることとしました。 東村山駅前の「志村けんの木」=東村山市ホームページより転載   なお、「志村けんの木 ...

ReadMore

2020/7/9

志村けんさんの思いを乗せて走れ! 東村山駅の発車メロディーが「東村山音頭」に

3月に新型コロナウイルス感染症による肺炎で他界した東村山市出身のタレント・志村けんさんを偲び、7月14日(火)から、東村山駅の1番ホームと2番ホームの発車メロディーが「東村山音頭」になります。 (東村山市ホームページより転載) 東村山といえば「音頭」 東村山音頭は、1961年に東村山町農業協同組合を中心に作成されたものですが、人気タレントの志村さんがそのアレンジをテレビで披露し全国的に流行したことで知られます。 今でも東村山といえば東村山音頭が想起されるほど、地域と結びついた音頭となっています。実際これま ...

ReadMore

2019/12/11

東久留米総合高校サッカー部 「選手権」へ

地元のONE TEAM 8年ぶり 強豪として知られる都立東久留米総合高等学校サッカー部が、8年ぶりに、冬の全国高校サッカー選手権大会への出場を決めました。都立校が勝ち抜くのは容易ではありませんが、その快進撃を支えたのは今年のキーワード「ONE TEAM」でした。   サッカー部メンバー。東久留米総合高等学校では、男子生徒の約7割がサッカー部に所属する 同校サッカー部は、前身の久留米高等学校から数えると通算4度の「選手権」出場歴がある強豪です。 OBに元日本代表・中村憲剛選手(川崎フロンターレ)や ...

ReadMore

2020/9/28

クラウドファンディング成功の報告 「井戸端会議」の菊池さんから

「リアル井戸端会議」を目指してクラウドファンディングにチャレンジした西東京市の菊池ゆかりさん。 自宅で使われなくなっていた井戸を再生し、それを活用して地域のコミュニティを築きたいという取り組みで、その狙いについては先日の当サイトでお伝えした通りですが(記事はこちら)、このほど、目標額を超える44万1000円を達成し、無事に井戸を設置されました。 完成した井戸を前にする菊池さん(中)。右は母の廣田郁子さん   菊池さんからは、以下のようなコメントが届いています。 「古井戸再生プロジェクトに興味をも ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

東村山音頭などを通して「東村山」の名を全国に広めた同市出身のコメディアン・志村けんさんへの感謝と敬意を込め、その銅像を東村山駅前に建てようというプロジェクトが始まっています。 「一人でも多くの人に参加 ...

2

「ケンタって、監督でもすごいんだね〜」 そんな声が聞こえてきそうな企画が始まります。 小平市に練習拠点を置くサッカーJ1「FC東京」の長谷川健太監督が10月4日の湘南ベルマーレ戦でJ1リーグ通算200 ...

3

地域密着を掲げる「ひばりが丘PARCO」が、10月23日(金)から11月15日(日)まで、展示を中心にしたイベント「We Love ひばりが丘2020」を開きます。 展示物で地域をより詳しく紹介してい ...

4

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

5

マスクをしなきゃいけないけど、常に着けているのはわずらわしい。でも、カバンに出し入れするのも面倒で……。 そんな悩みを解消する新商品の情報が、編集部に届きました。 考案したのは、東久留米市の主婦。そし ...

6

西東京市ににわかに出現し、みるみる活躍の場を広げている2人の子どものママの妖精、キャベッツさん。 ウェブサイト上で開催されていた「ゆるキャラグランプリ」にエントリーしていましたが、最終的に、7位入賞を ...

7

清瀬市でオルセー美術館所蔵の印象派の名画が見られる!――最先端デジタル技術で原寸復元された絵画33点を紹介する「リマスターアート®でみるオルセー美術館印象派の名画展」が、10月3日(土)から25日(日 ...

8

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

9

「食べて健康になる」をスローガンに 「キッチンファクトリーMoe」は、毎日の栄養バランスを考えた弁当・惣菜・ランチバイキングのお店で、栄養士の夫婦が2017年にオープン。「食べて健康になる」をスローガ ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.