ERA LIXIL不動産ショップに見る、弱者を支える土地活用とは!?

人口減や「コロナ」による価値観の変化により、空家問題などが加速しています。

そんななか、ひばりヶ丘駅前の「ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業」では、「社会的に意義のある形で土地を活用し、土地・物件所有者にも入居者にも喜ばれています。

その活動から見えてくるのは、「住まいからできる地域づくり」です。数回にわたってレポートします。

 

「これからの町は、利便性だけではやっていけなくなる」

「コロナ禍で地域への見方や関心が変わってきています。テレワークが増える一方、首都圏を去る人も出ており、これからの町は都心に近いという利便性だけではやっていけなくなるでしょう」

そう指摘するのは、ひばりヶ丘駅前「ERA LIXIL不動産ショップ」の清水二郎さんです。

賃貸・売買・管理と多彩に不動産を手がける清水さんは、「不動産からできるまちづくり」を数年前から意識してきています。それが今、このコロナ禍でよりニーズが増した格好となっています。

では、同社が行う「不動産からのまちづくり」とは何なのでしょうか?

それは開発とは一線を画した、社会福祉的な要素を強く持っています。その一例は、先日、タウン通信で記事掲載したので、ご覧いただいた方もいらっしゃるでしょう(「見守りのある障がい者の自立支援に不動産とNPOが連携」)。

ひばりヶ丘駅前にある、ERA LIXIL不動産ショップ(株)三成産業の外観

 

精神障がい者向けに好条件の物件を提供

改めてその内容を振り返りましょう。

その記事では、同社とNPO法人「友訪」が連携して精神障がい者のためのグループホームを運営していることをお伝えしました。

同社の役割は、管理物件をグループホーム用に提供すること。物件の賃貸契約は不動産会社としては当然の仕事に思えますが、実はこれは勇気のいる決断です。
というのも、精神障がい者が入居していると分かるアパート等へは、偏見や差別心から、特に隣室を筆頭に入居率が下がる現実があるからです。

その記事では伏せましたが、実は取材したこのグループホームは、ひばりヶ丘駅から徒歩5分ほどの好立地にあります。

現状、多くのグループホームは、「立地が悪くて入居者が決まらない」「NPO理事者などの所有物件」といった状況で運営されています。
つまり、精神障がい者への住居提供は、苦肉の策か篤志家によるもの、というケースが大半となっているわけです。

そうしたなかだからこそ、好条件の物件が地域密着の不動産会社から提供されるのは珍しいのです。

 

増える障がい者 10年で100万人増加

では、なぜ同社はそうした提供を行っているのでしょうか?

その問いを清水さんは「住宅を探している人に住まいをお貸しするのは不動産会社として当然のこと」と自然体で話します。

「地域の中で暮らしている人を選別するのはおかしなこと。彼らの住まいが不足しているのでサポートしているが、それはあくまでも業務の一つ。何も特別視はしていません」

清水さんの真意を知るには、地域の現状を確認する必要があります。

全国のデータになりますが、内閣府の公表では、国民の7.6%が何らかの障がいを持っています。精神障がい者に限定すると、10年で100万人以上増えており、人口1000人当たり換算では33人です。

例えばこれを同社のある西東京市に当てはめると、精神障がい者は市内に6931人いることになります。

これに対し、同市内のグループホームの数は29ユニット(約200人分)のみ。
全員が独居を望むわけではないが、住居不足は明らかです。

こうした状況の中、清水さんは大家・所有者にこう訴えています。

「物件や土地をさまざまに活用できることを知れば、選択肢は増えます。ぜひ、空家などを抱えずにぜひ相談してほしいです」

[ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業]
0120-306-997

 ◎ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業

見守りのある障がい者の自立支援に不動産とNPOが連携

障がい者の多くが、住む場所がなくて困っている――。 そんな状況に対し、西東京市で珍しい協働が続いています。 NPO法人と不動産会社が連携してグループホームを増やすというもので、地域密着が求められるコロ ...

編集部おすすめ

1

9月23日は二十四節気の秋分。太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等分です。 季節はこれから「陰」の気を深くしながら、秋の夜長へと移行していきます。空気も澄んで、夜空に輝く月もひときわ美し ...

2

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

3

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

4

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

5

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

6

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

7

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

8

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

9

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.