空き家利用の選択肢の実際 「売る」以外の活用法とは

前回、空き家の増加が確実視され、今後は「家が負の財産になる」という可能性を指摘しました。

家・土地を資産として活用するためには、早めに適切な対処をすることが求められてきます。

「ほとんどの人は『早めに売る』という発想をします。でも、実は選択肢は多彩です」
そう話すのは、ひばりヶ丘駅前で約40年の「ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業」の清水二郎さんです。

その選択肢の一例を紹介しましょう。

 

福祉的に活用する

まず、空き家を有効活用するという視点でいえば、地域の中で不足している福祉のために用いるという方法があります。

精神障がい者のためのグループホームの事例を以前紹介しましたが、ほかにも、認知症患者向けや、知的障がい者向けなどさまざまあります。

一軒家の場合は家庭的な雰囲気があることから、児童養護施設としても有用です。

 

バリアフリー物件

福祉の延長線上で、バリアフリー物件にして人に貸すという方法もあります。

長寿社会で車いす使用者は増えていますが、バリアフリー物件は少なく、入居先に困っている人がいます。
空き家に付加価値を付ければ、入居者確保が容易になります。

 

シェアハウス

複数人が暮らせる広さがある家なら、シェアハウスとして貸し出すのも一手です。

賃料の安さから、今、若者の間でシェアハウスは人気です。
また、シングルマザー専用のシェアハウスなども注目されており、ニーズの高まりが予測されています。

難点は管理が必要なことですが、同社では入居者募集から物件管理、内外装工事のコンサルティングまで行っており、任せてしまえば楽です。

ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業が管理する実際のシェアハウスの内観

 * * *  

こうした選択をするには、各機関とのネットワークなども必要になってきます。
実績ある不動産会社の存在が重要です。

「オーナー様のご意向、物件の状況などに合わせ、柔軟にご提案しています。まずはお気軽にご相談ください」
と清水さん。
着手するのは早めが良さそうです。

取材協力
【ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業】
0120-306-997

 ◎ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業

2021/2/16

ERA LIXIL不動産ショップに見る、弱者を支える土地活用とは!?

人口減や「コロナ」による価値観の変化により、空家問題などが加速しています。 そんななか、ひばりヶ丘駅前の「ERA LIXIL 不動産ショップ・三成産業」では、「社会的に意義のある形で土地を活用し、土地・物件所有者にも入居者にも喜ばれています。 その活動から見えてくるのは、「住まいからできる地域づくり」です。数回にわたってレポートします。   「これからの町は、利便性だけではやっていけなくなる」 「コロナ禍で地域への見方や関心が変わってきています。テレワークが増える一方、首都圏を去る人も出ており、 ...

ReadMore

2021/1/19

見守りのある障がい者の自立支援に不動産とNPOが連携

障がい者の多くが、住む場所がなくて困っている――。 そんな状況に対し、西東京市で珍しい協働が続いています。 NPO法人と不動産会社が連携してグループホームを増やすというもので、地域密着が求められるコロナ禍のなか、活動を促進させています。 現場を取材しました。   障がい者の転居に 独自のスタンスでかかわる 訪ねたのは、ひばりヶ丘駅まで徒歩5分ほどの住宅街にあるアパートです。 12室あるうち、7室がグループホーム(共同生活援助)として精神障がい者らに利用されています。 部屋はロフト付きのワンルーム ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

二十四節気の立夏(5日)、小満(21日)とつづく5月は、いよいよ風薫る初夏。陽光に映える木々の緑がひときわ鮮やかに輝く、気持ちのよい季節です。 ところがこの時季、「秋」を迎えるものがあります。なんだか ...

2

リニューアルのため昨秋から休園していた「西武園ゆうえんち」(所沢市)が、5月19日にグランドオープンします。   「心あたたまる幸福感」をコンセプトに、1960年代を再現するようなテーマパー ...

3

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

4

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

5

西東京市内の福祉作業所など、主に障がい者福祉関連の施設などを紹介する動画「つなぐ~TSUNAGU~ みんなの笑顔」が公開されています。 制作したのは、地域福祉の推進に取り組んでいる「西東京市障がい者福 ...

6

小平市長に新たに就任した小林洋子市長が、4月12日(月)、初登庁しました。 午前8時30分に庁舎に到着すると、出迎えていた職員たちから大きな拍手が送られ、花束贈呈の一幕もありました。 節目の場面では白 ...

7

田無駅南口前で行われている「わいわいフードパントリー」が6月末まで延長されることになりました。 食品等を無料で配布する取り組みで、子ども食堂を続けてきた市民団体「西東京わいわいネット」が昨年10月から ...

8

西東京市にある多摩六都科学館で、現在、春の特別企画展「47都道府県の石 『県の石』を見てみよう」が開催されています。会期は3月20日(土)から5月9日(日)までです(休館日、閉場日あり)。 &nbsp ...

9

家族それぞれ好きなものを食べたいけれど、フードコートは混んでいるし、今は「コロナ」も心配……。 そんなことから、利用を見送ってしまいがちなフードコート。 そうした状況に対して、イオンモール東久留米が、 ...

10

2月に実施された西東京市長選挙に対して、選挙人60人から出されていた「西東京市長選挙の効力に関する異議申し立て」が、3月30日の同市選挙管理委員会で棄却されました。   「選挙の自由公正の原 ...

11

清瀬市立清瀬小学校の5年2組の児童たちが、清瀬市が行う養蜂をPRする曲「清瀬の町で」を作詞・作曲し、合唱を収録しました。 すでに曲は、地元のFMひがしくるめ(85.4MHz)で何度か放送されています。 ...

12

東久留米市駅西口ロータリーにマンガ「ブラック・ジャック」に登場するキャラクター、ブラック・ジャックとピノコの銅像が建ち、地域の新名所となっています。 東久留米駅西口ロータリーのブラック・ジャック像を撮 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.