子育て支援をしませんか? 訪問ボランティア養成講座 西東京市で

2021年6月2日

コロナ禍で孤立しがちなママたちをサポートしませんか?

地域で子育てを支え合う活動「ホームスタート」の訪問ボランティア養成講座が、7月から9月にかけて西東京市で開かれます。
先駆けて今月17日に説明会を実施。子育て経験のある人、ぜひご参加を!

昨年の講座の様子

 

 コロナ禍で増すニーズ  ママの孤立防げ!

「ホームスタート」は、産前から未就学児の子どもがいる家庭を、研修を受けたボランティアが訪ねるという活動です。

母親の話を聞いたり、一緒に外出するなどして、子育ての孤立感や不安感を和らげていくものです。

イギリス発祥の世界各地に広がる活動で、西東京市では、NPO法人「ワーカーズ・コレクティブ ちろりん村」によって2013年から続けられています。

基本的には話し相手になるという活動だが、子育てに不安を覚えている母親たちには大きな支えになるそうです。

特に、市外からの移住者の多いこの地域では、近くに友人がいない、そもそも地域のことが分からない、という人が少なくなく、子育てが孤立しがちな傾向があります。
加えてコロナ禍となり、訪問ボランティアのニーズは増しているそうです。

「外出しにくいため、一日中子どもと2人きりの状況になりがち。また、リモート勤務の影響で夫婦関係の悩みを持つ方も出ています。最近は、経済的な悩みを持つ方も増えています」

現状をそう話すのは、同会代表の吉田朋子さん。

吉田さんは、「地域の子育て経験者に、ぜひ参加してほしいです」と呼びかけています。

講座はボランティア参加の意思がある子育て経験者が対象。
7月1日から木曜日に同市住吉会館ルピナスで全8回実施。

先駆けて今月17日午後2時から4時まで、同所で説明会が開かれます。

講師はホームスタート・ジャパン事務局長の山田幸恵さん。無料。

詳しくは同会(042・425・0788 https://npo-chirorinmura.com/)へ。

2020/8/17

ホームスタート西東京

「ホームスタート」をご存じですか? ホームスタートは、これから出産される方、小さなお子さんを育てている女性を、地域の子育て経験者たちがサポートするという取り組みです。   子育て中のママをサポート 世界22カ国で取り組まれている活動で、子育て経験者らが気軽に子育ての相談に乗るというものです。 「相談」といっても深刻なものではなく、単に愚痴をこぼしたり、地域の情報を教えてもらったり、ということでOK。ママたちが気分を変えることが大事だそうで、子育ての孤立化を防ぐのも活動目的の一つです。 &nbsp ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.