清瀬市コラボのジェラート第2弾! ブルーベリー使用で9/11デビュー

2021年9月11日

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。

1カップ・120mlで、399円(税込、※店舗で異なる場合あり)。

ブルーベリーアーモンドミルクジェラート(清瀬市プレスリリースより転載)

 

ジェラテリア・パンチェーラとのコラボで

市役所産ハチミツの地域ブランド化が軌道に乗った清瀬市では、これまでに、菓子や化粧品などさまざまなオリジナル商品を開発してきている。

昨年は、高島屋のプライベート・ブランド「ジェラテリア・パンチェーラ」とのコラボ商品として「はちみつチーズジェラート」を発売。
これは、売り切れが続出する人気商品となった。

今年の「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」は、その人気を受けて再び「ジェラテリア・パンチェーラ」とタッグを組むもの。

同ブランドの監修のもと、清瀬市内の坂間園芸産ブルーベリーを使用して、酸味と甘味とが絡み合う複雑な味わいのジェラートに仕上がった。

ブルーベリーアーモンドミルクジェラート(清瀬市プレスリリースより転載)

 

販売店は、以下のセブン-イレブン。

・清瀬元町1丁目店
・清瀬駅北口店
・清瀬中清戸5丁目店
・清瀬元町2丁目店
・清瀬駅南口店
・清瀬野塩1丁目店
・清瀬下宿2丁目店
・清瀬梅園2丁目店
・清瀬中町5丁目店
・清瀬駅南口店
・清瀬野塩4丁目店
・東久留米幸町4丁目店
・東久留米八幡町3丁目店
・東久留米駅北口店

2020/10/16

清瀬市役所産ハチミツを使った高級ジェラートが期間限定販売

市役所屋上に巣箱を置き、養蜂を行っている清瀬市。今回、市役所で採れたハチミツを使用した“ハチミツとチーズのジェラート”が、期間限定で販売されることになりました。 販売は清瀬市と東久留米市のセブン—イレブン15店舗(下部に店舗リスト)で、9月1日から。なお、先行して8月26日から、新宿高島屋本館で、ジェラートとハチミツのセット販売が行われます。 期間限定販売される、はちみつチーズジェラート   ハチミツを手作業でコーティング 売り出される「HONEY CHEESE GELATO(はちみつチーズジェ ...

ReadMore

2021/3/23

清瀬小5年2組が、みつばちの応援歌を作詞・作曲 ラジオで放送も!

清瀬市立清瀬小学校の5年2組の児童たちが、清瀬市が行う養蜂をPRする曲「清瀬の町で」を作詞・作曲し、合唱を収録しました。 すでに曲は、地元のFMひがしくるめ(85.4MHz)で何度か放送されています。 ♪きよせの町で〜 ぶんぶんとぶよ〜 名前はきよはち〜 おいしいハチミツ採れる〜♪ といった耳馴染みの良いフレーズが繰り返されるこの曲は、作曲アプリを活用してみんなでメロディーを選び、音楽が得意な子が仕上げる形で作られました。 曲をBGMに、児童たちの様子やインタビューを動画にまとめたので、まずはこちらをご覧 ...

ReadMore

2021/1/29

清瀬のミツバチが仮住まいへ 新庁舎への引っ越し準備

市役所で養蜂を行うという全国でも珍しい取り組みをしている清瀬市で、8万匹のミツバチが新庁舎への“引っ越し”を準備しています。 が、通常の定置養蜂では巣箱を移動させることなどないため、作業は手探り状態とのこと。しかも、ミツバチならではの“引っ越し”の手間があるそうです。 その現場を取材しました。 ミツバチの巣箱が置かれている清瀬市役所屋上   2014年から市役所屋上で養蜂 取材で訪ねたのは、2021年1月下旬です。 寒風の吹き抜ける屋上には、8箱のミツバチの巣箱が置かれていました。 木枠の巣箱は ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

東久留米市では、30%のプレミアム付き商品券を追加販売する。 6500円分の商品券を5000円で購入できる。 「ブラック・ジャック」のキャラクターと、東久留米市のマスコットキャラクター・るるめちゃんが ...

2

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

3

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

4

コロナ禍のもと、異例づくしの夏が終わって、日の入り時刻もどんどん早くなってきました。長月といえば9月の異称ですが、これは「夜長月」から転じた言葉。23日の秋分の日を過ぎたら、いよいよ秋の夜長の到来です ...

5

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

6

猛暑続きのなか、一旦雨が降り出せばたちまち豪雨という昨今。台風も本格化するこの時季に、地域の水害の恐れについて調べてみた。 洪水や土砂崩れの危険地域はハザードマップで示されているので、一度はチェックし ...

7

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

11

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.