東久留米市長立候補表明 細谷祥子さんインタビュー

2021年12月14日

元市議、前都議の経験を市政に生かしたいと立候補を表明した細谷祥子さん。都民ファーストの会の前都議として、小池百合子都知事との連携をアピールする細谷さんには、個別にインタビューを行った。
(※無所属/新人/都民ファーストの会推薦)

 * * *

――立候補を決めた理由は?

「東久留米のために、まだやり残したことがあるからです。コロナの影響で社会は大きく変わりました。東久留米市もそうです。市議・都議として市民一人ひとりの声を聴くことを信念とし、平成15年から行政に取り組んできましたが、今こそ、市の経済と生活の再生のために力を尽くすときと強く思いました。

私が政治家を志したのは、生まれ育ち、自分自身も子育てをしてきた東久留米市への恩返しをするためなのです。今、自分も家族も生きているのはこの街があったからこそです。市民の皆さんとともに、コロナに打ち克ち、市政刷新と改革に覚悟をもって取り組みます」

細谷祥子さん

 

――いちばんの重点政策は?

「コロナ対策です。東久留米市民11万7千人の生命を守ります。

3回目のワクチン接種と合わせて、もっとも必要なことは病床確保です。東久留米市にはコロナ療養のできる医療機関が少なく、都の協力を仰ぎながら多摩北部医療センターをはじめ、近隣の医療機関へのアプローチが急務と考えています。

また、コロナによって打撃を受けた市内の中小企業や商店、飲食業等への支援も大切です。継続が大前提です。そのために、どのような対策を行うか。仕事の仕方や幅を見直す等、あらゆる可能性を追求します」

 

――他の2名の候補者とは違う、細谷さんならではの強みは?

「『東久留米を動かす! 小池都知事と共に』と掲げている通り、都議会議員を務めていた私だからこそ、小池百合子都知事と連携して市政を行うことができます。地域の課題を解決するためには都の協力が不可欠となる場面が多々あります。都へ個別にアプローチができることが私の最大の強みです。

そして、課題解決のためにはさまざまな判断や多くの財源が必要になります。すべて市だけでは賄いきれないのが現状なのです。いかに都の支援を仰ぎ、協力を得ることができるか。これが、今求められている市政と確信しています。

例えば、地域課題の一つに、六仙公園の整備や上の原跡地の解消があります。これは市の財源だけではまかないきれないことは明白です。そのための財政確保に向けて都と連携をする必要があります。私が今まで培ってきた人脈と経験を存分に生かして行っていきます。都から支援を受けることができれば、市の財源を防災対策や福祉等、別の課題に充てることができます。市民のより良い暮らしのための改革が可能になるのです。これが、市政に都との連携が必要となる理由の一つです」

 

――前回の都議会選では落選されました。それについてどう捉えていらっしゃいますか?

「清瀬、東久留米のために尽くし、成果を出してきた自負はあります。ですが、それを周知しきれなかった。努力が足りませんでした。また、世代交代が必要であるときだとも感じました。

一方、その事実を受け止めたとき、それでも私にはまだやり残したことがあるという強烈な思いにとらわれたのです。先に述べた六仙公園の整備もその一つです。コロナで苦しむ人たちの声を聴き、その姿を目の当たりにもしました。前都議会議員として、一人で活動を続けていましたが、私のもつ人脈、培ってきた経験をこのままにしたくない。次期を担う人たちにそれを引き継ぎ、繋いでいくためにも、市長としてもう一度地域のために貢献しようと決意しました」

(取材記者・三好圭子)

(※編集部注 政党の推薦については、12/19の告示日に追記しました)

2021/12/21

東久留米・並木市長、任期満了前に辞職へ

東久留米市の並木克巳市長が、来年1月19日の任期満了を前に、12月27日付で退職することとなった。体調不良を理由にするもので、本日開催された第1回臨時会において承認された。 臨時会に並木市長は出席せず、西村幸高副市長が市長のコメントを代読した。 東久留米市長(以前の写真)   並木市長は、今月26日(日)投開票で行われる次期市長選挙への不出馬を表明していた。任期満了前に退職する理由として、並木市長は現在も体調に配慮しながら公務を行なっているとしたうえで、 「第6波への警戒を強めていくことや来年度 ...

ReadMore

2021/12/21

東久留米市長立候補表明 篠原重信さんインタビュー

8年前に発足した「新しい市政をつくる会」の強い推薦を受けて立候補を決意した篠原重信さん。出馬会見も開いたが、「タウン通信」では独自にインタビューに臨んだ。 (※無所属/新人/共産党、社民党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「市民の声を聴かない今の市政に強い疑問を感じたからです。東久留米がこのままでいいのかという危惧を抱えていました。多摩地域26市の中で、東久留米市の住民サービスは大きく遅れています。また、一方的に公立保育園の全園廃止を打ち出すなど、多くの市民が疑問や憤りを感じています。 今 ...

ReadMore

2021/12/21

東久留米市長立候補表明 富田竜馬さんインタビュー

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年から5期連続、18年間東久留米市議会議員として活動してきました。その間、3人の市長に協力できる部分は協力をしてきた一方で、行政の効率化や税金の使い方等、改善でいることがあるのでは?という思いを募らせてもいました。この度、並木市長の不出馬を受け、私自身が積み重ねてきた、これらの思いを市長として実現し、東久留米市に ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.