地域ゆかりの文人画家 坪内節太郎展

没後38年、銀座で個展

没後38年にして銀座で個展開催――。

晩年を西東京市(当時の保谷市)で暮らした画家・坪内節太郎の絵画作品を集めた展覧会が、9日から14日(金)まで開かれます。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

作品を所有する画廊による主催で、長女ののり子さんは「東京では13年ぶりの開催。作品を見てもらえる機会ができてうれしい」と喜んでいます。

坪内節太郎のスケッチ帳や作品集などを前にする、長女ののり子さん。「子どものひいき目ではなく、作品には力があります」と話す

「洋画の技術」と「日本の完成」の融合

坪内節太郎(1905〜1979)は、油彩を中心に、水墨淡彩、水彩などを手掛けた洋画家です。洋画の技術を駆使しながら、わび・さびを感じさせる日本風の作品を数多く残しました。

その活動は多彩で、雑誌では松本清張や小島信夫の連載の挿絵を担当しています。また、エッセーなども執筆し、『絵画人情』『歌舞伎画帖』『水墨画入門』などの著書も残しています。

 

岐阜でも「郷土画家」として知られる

岐阜県各務原市の出身で、生涯を通して岐阜との関わりを持ったことから、当地では郷土画家としてよく知られています。岐阜日日新聞社主催の賞を受賞したほか、近年でも、去年、今年と作品展が開かれています。

そんな節太郎が戦後に上京したのは54歳のときのことです。活動の幅を広げるためで、1963年には「自由学園」にほど近い当時の保谷市に住まいを求め、74歳で他界するまで暮らしました。

在りし日の坪内節太郎

「保谷」と記したエッセーも

保谷市をはじめ、この地域とのかかわりは深くは持たなかったそうですが、エッセーなどでは、文末に「保谷居にて」と記しており、土地に愛着を持っていたことをうかがわせます。

近所の雑木林をよく歩いていたそうで、長女ののり子さんは、「父にとって、制作にとても良い場所だった」と振り返ります。

「常に絵筆を手にしている人で、身近な花や鳥、静物などを何でも描いていました。秋に雑木林にいろいろな実がなるのを『木の実まつり』と呼んで、次々とスケッチしていました」(長女・のり子さん)

スケッチ帳には、絵とともに「保谷居は秋の木の実のいままつり」の句などが残されています。

 

「いつか東京でも」の願いが実現

9日からの「坪内節太郎展」は、愛知県にある「名古屋画廊」が主催するものです。

2014年に同画廊で開催された「生誕110年展」の際に、のり子さんが「いつか東京でも……」とつぶやいたのがきっかけとのことです。

会場は「ギャラリー惣(そう)」(中央区銀座7の11の6 徳島新聞ビル3階、<03・6228・5507)。油彩など約20点を展示予定。9日と14日は、のり子さんが終日在廊する。午前11時から午後6時30分(14日は4時30分)まで。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

◆坪内節太郎

1905(明治38)年、岐阜県各務原市生まれ。独立美術協会賞、岐阜日日賞教育文化賞など受賞。雑誌への挿絵多数。愛好家の間では、文楽や歌舞伎のスケッチ画がよく知られています。エッセーなども残したことから「文人画家」とも評されています。

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.