家庭からの省エネを改めて考えてみませんか?

僕がガス屋を続けるワケ

エネルギー×エキスパート 「エネスパート」・橋本祐太代表のコラム

 

東日本大震災から7年がたち、今年もさまざまな「特集」がテレビ・新聞で報道されました。

防災のこと、復興のこと、心の傷のこと……。

どれも大事なテーマですが、私としては、少しもの足りなさも覚えました。大テーマだったはずの「エネルギー」の問題が、棚上げされている気がしているのです。

 

家庭からの省エネ

私が、「ガス会社」として独立したベースには、家庭からの省エネを推し進めたい、という思いがあります。「家庭からの省エネ」で、できることは多いです。特に私が力を入れているのは、ガス給湯器のエコジョーズへの切り替えです。

一般に普及している給湯器は、排気熱が200度にも達します。これに対してエコジョーズは50度程度。実に、4分の1です。ガス消費量も少なく、二酸化炭素排出量も約15%減らせます。

 

町じゅうをエコジョーズにしたい

私は創業のとき、町じゅうの給湯器をエコジョーズにしたい、という夢を持ちました。給湯器は朝晩に利用が集中します。もし町じゅうの給湯器が省エネ機になったら、あるいは町の気温上昇さえ食い止められるのではないか…。私は真面目にそう考えています。

「エネスパート」では、そんな思いで、エコジョーズを割安にご提供しています。ぜひ切り替えをご検討ください。

 

プロフィール

橋本 祐太

株式会社エネスパート代表取締役。ガス会社勤務を経て独立。地域で4児を育てる父でもあり、「持続可能な社会」のためにエコタウンをつくりたい、との思いで起業した経緯がある。高効率ガス給湯機「エコジョーズ」や安全なガスコンロへのこだわりが強い。現在、西東京市中町1-14-1に本社を構え、月間300台以上のガス給湯器・ガスコンロ交換工事を行っているほか、小さな修繕から一棟丸ごとまでリフォームも手がけている。エネスパート https://www.enespert.com/index.html

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.