西東京市に広まる、避難所づくりゲーム「HUG」

そのとき、どうさばく?――  ゲームでイメージを膨らます

災害時に避難所はすぐ起ち上がるのだろうか――。

震災発生の不安が高まるなか、西東京市で、ゲームで避難所づくりを体験してみようという試みが広まっています。

そのゲームの名は、ズバリ「避難所運営ゲーム(HUG)」。熊本地震もあって「避難所」が話題になっている今、ゲーム開催の現場を覗いてみました。

避難所運営ゲームで避難者のスペース確保に頭を悩ます上向台小学校の避難所運営協議会メンバー。カード1枚が避難者1人分で、体育館などに仮定した模造紙の上に配置していく

さまざまな状況に直面 ボード上で疑似体験 

「60歳男性、ペットを連れています」

「え? ペット? ペット同伴者のスペースを作ろうか?」

さる5月21日(日)、西東京市立上向台小学校でのこと。地域住民らでつくる避難所運営協議会(注1・下記補足)と教職員の約50人が、8つのテーブルに分かれてゲームに取り組みました。

ゲームは、テーブルリーダーが避難所に逃れてくる人を次々と読み上げ、メンバーがそれを体育館や空き教室に振り分けていくというもの。

乳幼児、障がい者、高齢者、持病のある人……。

カードに名前や家族構成などの本人情報が書かれており、体育館や教室として用意された模造紙に1枚1枚置いていきます。

その比率からカード1枚は人一人分のスペースとなっており、適切に避難所の運営ができているか疑似体験できる仕組みです。

カード1枚が1人分のスペースに相当。模造紙を「避難所」に見立て、カードを置いていくことで、避難者の振り分けを疑似体験できる

スピードよりも、いかに的確に判断していくかが重要

読み上げる速度に決まりはなく、テーブルごとに進行具合は異なります。

次々と判断を下すテーブルもあれば、悩みながら意見をぶつけ合うところも。早ければ良いというものでもなく、いかにスムーズに避難者が納得できる振り分けをしていけるかがポイントです。

合間には、「一旦家に帰りたい」という人が突如現れるなど、ハプニングも起こります。

 

静岡県生まれのゲーム

このゲームは静岡県が開発したもので、西東京市では、まちづくりに取り組む市民団体「田無スマイル大学」が短時間でできるようにアレンジし、市民協働推進センター「ゆめこらぼ」が各所に出向いて実施しています。

ゲームには各テーブルのカード配布係など人手が要ることから、防災活動に取り組む市民ボランティア団体「西東京レスキューバード」なども協力参加しています。

 

各チームでそれぞれに課題が浮かび上がる

上向台小で行われたゲームは約1時間。終了後には全員で各テーブルを見学し合い、それぞれの配置の違いを確かめました。

ペットに対して、隔離するテーブルもあれば、ゆったりとスペースを与えるところもあり、考え方の違いがはっきり出ています。

感想を述べ合う時間もあり、

「弱者をどうするかなどあらかじめ基準を決めておく必要を感じた」

「カードの配置にとらわれ、通路を作るのを忘れてしまった」

「次の機会があれば、既製品ではなく、当校の状況に合わせてやってみたい」

などの意見が出ていました。

中には阪神・淡路大震災の被災体験者もおり、「被災直後はみんな『とにかく安全なところへ』と逃げ込んでくる。振り分けは段階的に行うこととし、まずは体育館にどんどん入れてしまうべきでないか」といった意見もありました。

学校での実施を企画した同校の神山繁樹校長は、ゲームを行う利点をこう話します。

「1回疑似体験することで実際の場面をイメージしやすくなるし、意識も高まります。地域の方々と教職員が交流する場としても有効です」

複数のテーブルに分かれ、グループごとに取り組んだ

西東京市では30回以上実施 さらに拡大も

なお、西東京市ではこれまで、学校や公民館、地域住民懇談会などで約30回実際されています。

この7月には初めて、田無スマイル大学の主催で、中学校で中学生が体験する予定にもなっています。

避難所運営ゲームについてなど、詳しくはゆめこらぼ(042・497・6950)へ。 

 

[注1]避難所運営協議会

日頃から災害に備えることを目的に、避難所に指定されている施設に設置されています。施設関係者と地域住民とで組織しています。西東京市では、学校での組織作りを強化しており、全27小中学校で設置されています。 

 

ゆめこらぼ(西東京市市民協働推進センター)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.