「演劇は効きます   ~平和を祈る演劇祭を前に~」

寄 稿

彼女たちに会ったのは、3・11から2度目の夏を過ぎたころだったように思う。

私は福島の悲しみに対して何か役に立てることはないかと模索していた。彼女たちは福島県や神奈川県などの放射線の高いところから幼い子らをつれて避難し、山梨県に移住してきたという。

その日は福島支援のためのバザーをしていた。

「一緒に何かやりませんか」と声をかけた。何か、と言っても私には演劇しかないんだけど。

そして、去年、その母子と一緒に甲府でミュージカルを創った。

彼女たちと過ごしていて私は、「世に放射能に効く薬はないけれど、演劇は『効く』」と確信した。やる側も観る側も元気が出る!  

 

地元の公演にも出てもらうことに

それで今年は、西東京市保谷こもれびホールで公演する「平和を祈る演劇祭」(30日・31日)に出てもらうことになった。我が敬愛する井上ひさし先生の「貧乏物語」に。

プロの女優さん二人に力を借り、のびやかに稽古をしている。

乳児から大学生までの母親たちは、休憩時は、子育て悩み相談や授乳タイムとなる。そのなかのひとり、りかさんはお話とピアノがとても上手なので、演劇祭の前の17日に、私が演出する芝居「レイチェル・カーソン物語」のピアノ演奏と、講演をしてもらうことになった。

メルトダウンしたと外国のテレビBBCで見た時の生きた心地がしなかったお話など、胸を打つ。

 

人間の尊厳こそ、演劇で見せたいこと

原発事故により、子どもの健康だけを願い、何もかも捨てて人生をもう一度はじめなければならなかった彼女たち。稽古をしているとき、そこに私は決して何ものにも奪われることのない人間の尊厳を観た。

それは、才能の優劣でも、ましてや貴賤でもない。その人の想いと言葉と行いによりあらわれる輝きだ。

その輝きこそ演劇で伝えたいこと。

17日「レイチェル~」は午後1時から「まったなしスタジオ」(西東京市田無町6の3の8の2F)で、30日「貧乏物語」は午後1時からこもれびホールで上演です。観に来てください。

なお、「貧乏物語」も演目の一つの「平和を祈る演劇祭」は、30日・31日、同ホールで開きます。計8公演(5演目)です。

別役実作「猫貸し屋」では、常田富士男さんが語ります。全演目共通チケットは1000円(高校生以下500円)です。詳細は大森さん(0422・55・0168)まで。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

(ナガノユキノ  演出家、西東京市在住)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.