クラウドファンディング成功の報告 「井戸端会議」の菊池さんから

「リアル井戸端会議」を目指してクラウドファンディングにチャレンジした西東京市の菊池ゆかりさん。

自宅で使われなくなっていた井戸を再生し、それを活用して地域のコミュニティを築きたいという取り組みで、その狙いについては先日の当サイトでお伝えした通りですが(記事はこちら)、このほど、目標額を超える44万1000円を達成し、無事に井戸を設置されました。

完成した井戸を前にする菊池さん(中)。右は母の廣田郁子さん

 

菊池さんからは、以下のようなコメントが届いています。

「古井戸再生プロジェクトに興味をもっていただいた皆さまへ。

おかげ様で、クラウドファンディングを達成することができて手こぎの井戸が完成しました! 本当にありがとうございました!!

枯れることのない井戸水は冷たくて美味しくてとってもエコです。ぜひ井戸の手こぎ体験にいらしてください!お待ちしています」

 

早くも多世代との出会いが

今回のクラウドファンディングでは、井戸の手押しポンプの設置費用などとして39万円を目標額に設定していましたが、終了前に目標額を達成することができ、ネクストゴールとして、井戸水を濾過するための携行用浄水器の費用・4万5000円も上乗せしました。

そのため最終的な目標額は43万5000円となりましたが、結果的には、これもクリアすることとなりました。

支援者は49人に上り、菊池さんによると、「ネット経由ではなく直接支援したい」という人もいたとのことです。

クラウドファンディングへのチャレンジ中や、実際の井戸設置の経緯においては、さまざまな人との交流があったそうで、菊池さんは「今にして思えば、それはぜんぶ『井戸端会議』といえるものでした」と振り返ります。

とりわけ、井戸を初お披露目した際には、ペット連れなどさまざまな人がふらりと訪ねてきたそうで、菊池さんは、井戸を活用したコミュニティ作りに手応えを得ているようです。

菊池さんによるそれらの報告が、ウェブサイトで紹介されています。

(報告はこちら

 

10月31日(土)にお披露目会

なお、10月31日(土)におひろめ会が予定されています。

来場者には粒あんパンがプレゼントされるとのこと(なくなり次第終了)。もちろん、井戸の手こぎ体験もできます。

パンや野菜、食器類などの販売も予定。

この会では、井戸水で淹れたコーヒーも振る舞われるとのことです。

会場など詳しくは菊池さん(hironta@tonpo.net)へ。

「リアル井戸端会議」へ 西東京市の女性が井戸再生の支援呼びかけ

クラウドファンディング報告(菊池ゆかりさんレポート)


2020/9/18

リアル井戸端会議へ! 西東京市の女性が井戸再生の支援よびかけ

半世紀眠っていた自宅の井戸を復活させて、正真正銘の井戸端会議ができないか―—。 西東京市東町で80代の母と暮らす菊池ゆかりさんが、このほど、使っていなかった自宅の井戸を復活させ、地域のコミュニティづくりに生かそうという新しい取り組みを始めました。 井戸水を汲んでコーヒーを沸かしたり、庭にある柿を使って草木染めをするなど、井戸を利用して地域の人たちとの交流を深めていく計画でいます。 肝心の井戸を修繕するには約40万円の費用がかかるため、菊池さんは、クラウドファンディングにチャレンジしています。もともと全額を ...

ReadMore

2020/7/26

飲食店救うクラウドファンディング、目標の1.5倍達成で終了

東久留米市の約30の飲食店が実施したクラウドファンディングが昨日(7月25日)終了し、目標の200万円を大きく上回る318万6780円の支援金を獲得しました。 支援者数は333人に上りました。 (「キャンプファイヤー」での掲載写真) 9月から使える「食事券」などリターンに 「飲食店『未来おうえん』プロジェクト」と打ち出されたこの取り組みは、新型コロナウイルスの影響で客足の途絶えた飲食店の存続を願って企画されたもので、支援のリターンとしては、9月から使える「食事券」(+αのサービス)などが用意されていました ...

ReadMore

2020/6/19

飲食店支援のクラウドファンディング 東久留米の約30店がチャレンジ

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 目標金額は200万円で、期限は7月25日まで。クラウドファンディング専門サイト「キャンプファイヤー」で呼びかけています。 (※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)   リターンは「1000円券+α」など 「東久留米飲食店『未来おうえん券』プロジェクト」と名付けら ...

ReadMore

2020/1/22

「御門訴事件」を朗読劇で 寄付募集中 

俳優・佐藤俊介さん、地域の劇団関係者らと  シナリオ製本代などにクラウドファンディング 郷土史をテーマにした朗読劇にご支援を――企画会社「おらがまち工房」が5月に御門訴事件を朗読劇で演じる計画を立てており、その運営費をクラウドファンディングで募っています。 代表の佐藤俊介さんは「郷土の歴史を伝えていくことに、ぜひ地域の方々に参加してほしい」と呼びかけています。   企画した、俳優の佐藤俊介さん=以前実施した郷土史掘り起こしの台本を手に 埋もれた郷土史を掘り起こす 今回企画されている朗読劇は、この ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.