大仙寺の永代供養墓・樹木葬型墓地

開山400年以上という「中将山 大仙寺」では、宗旨宗派不問で、永代供養墓「やすらぎ」と樹木葬型墓地「こころ」を設けています。

大仙寺 永代供養

 

自分に合わせて選べる「永代供養」

永代供養墓と樹木葬型墓地の一番の違いは、個別埋葬の期間があるかどうかという点です。

樹木葬型墓地「こころ」には3霊まで1区画に入れる個別スペースがあり、一定期間、自分たちだけのお墓としてお参りができます。この期間は最長35年です。

気になる費用は、使用期間10年なら30万円。ほかに、年間護持費5000円と、石碑代5万円がかかります。

一方の永代供養墓「やすらぎ」は、個別スペースはないものの、合祀の時期は選択することが可能です。13回忌合祀なら25万円。年間費などはありません。

 

浮世絵師・歌川国芳の墓も

なお、「大仙寺」は、文禄4年(1595年)に正善院日堂上人によって創建された日蓮宗の古刹です。本堂裏の墓地には、江戸末期の有名な浮世絵師、歌川国芳のお墓もあります。

明るい雰囲気の墓苑です。動画でぜひ、雰囲気をご確認ください。

13秒

データ

中将山 大仙寺

◎042-321-0755

◎小平市上水南町2-11-20

◎リンク http://daisenji.or.jp

 

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.