PayPayと東村山市がコラボ 最大1万5000円がお得に! 12月迄

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペーン」が、10月1日(木)から12月31日(木)までの3カ月間で実施されます。

市外の人も対象となるキャンペーンで、ボーナスの付与は支払額に対して20%。ただし上限があり、1カ月で5000円まで、1回の決済に対しては2000円までとなっています。

3カ月間のキャンペーンを上手に利用すれば、最大で1万5000円相当のボーナス付与を受けられます。

東村山市内で対象となる店舗は400店以上あり、小売販売店、飲食店、農産物直売所、福祉作業所などが参加しています。

付与されるPayPayボーナスは、通常の電子マネー(PayPayマネー)同様、1ポイント=1円換算で使用できるものです。ただし、出金やわりかん機能には適用できないといった多少の制限があります。詳しくはPayPayの案内ページご参照を。

 ◎PayPay残高とは

このキャンペーンは、新型コロナウイルスの影響で経営的に打撃を受けている小売販売店や飲食店などを支援する目的の企画で、東村山市によるとPayPayとの連携によるこうした企画は、都内で2番目の取り組みとのことです。

イメージ画像 (東村山市ホームページより転載)

 

「#がんばろう東村山」も

なお、このキャンペーンに併せて、PayPayで支払いをした店の写真や感想などをSNSでシェアする「#(ハッシュタグ)がんばろう東村山」キャンペーンも同時開催します。

SNSでの発信時に「#がんばろう東村山」を添えることで、情報共有を図り、地域を盛り上げようという企画です。

「最大20%戻ってくるキャンペーン」については、東村山市のホームページで詳細に案内されています(こちら)。ご参照を。

 ◎東村山市 最大20%戻ってくるキャンペーン


2020/10/31

志村けんの銅像を東村山駅前に! 9/29〜10/30クラウドファンディング

東村山音頭などを通して「東村山」の名を全国に広めた同市出身のコメディアン・志村けんさんへの感謝と敬意を込め、その銅像を東村山駅前に建てようというプロジェクトが始まっています。 (※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています。なお、このクラウドファンディングは目標額を達成して終了しました。関連記事はこちら) 「一人でも多くの人に参加してほしい」の思いから、銅像建立の資金はクラウドファンディングで募ります。1口1000円の設定で、返礼品(リターン)はお礼のメール。最大30口まで。 ...

ReadMore

2020/6/10

飲食店がテイクアウトに活路 「#東村山エール飯」

飲食店の“新型コロナウイルス不況”をテイクアウトで乗り切る! 新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店が大打撃を受けているなか、料理のテイクアウトに活路を見いだそうという取り組みが東村山市で行われています。 消費者・料理店ともに、テイクアウトメニューを写真に撮り、「#東村山エール飯」のハッシュタグを添えてSNS(Facebook、Twitter、インスタグラム)に投稿しようというものです。 各店の特色や工夫を共有することで、テイクアウトメニューへの関心を喚起し、地域の飲食を盛り上げていく狙いです。 「#東村 ...

ReadMore

2020/6/10

「#エール飯」から2カ月 いま、地域の飲食店は―—

新型コロナウイルスによる影響を特に大きく受けている地域の飲食店を救おうと、各地で取り組まれている「#エール飯」プロジェクト。 各店のテイクアウトメニューの情報をSNSでシェア・拡散する取り組みですが、その効果はどのようなものなのでしょうか。 地域の飲食店の現状や今後の展望について、東村山市と西東京市の関係者に取材しました。   北多摩で最初に取り組んだ東村山 現在、多摩北部の各市で実施されている「#エール飯」。多摩北部で最初に取り組んだのは東村山市です。 東村山市では、東村山市料理飲食店組合の主 ...

ReadMore

2020/6/26

飲食店支援に酒蔵が協賛 東村山・豊島屋酒造

レシート持参で限定酒200円引きに  東村山でテイクアウトしたレシートをご持参いただければ、限定酒を200円引きで提供します――。 東村山市にある豊島屋酒造が、市内の飲食店を応援する企画「#東村山エール飯」に協賛し、酒蔵併設の直売所「醸しの場」の限定酒を値引きする取り組みをしています。 限定酒は、ここだけでしか買えないもの。搾りたてのフレッシュなお酒が手に入ります。 醸造している銘酒「屋守(おくのかみ)」などを手にする、豊島屋酒造・営業部長の田中孝治さん。直売所「醸しの場」にて 市内数店の飲食 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.