西東京プレミアム応援券 8500円分のチケット等が5000円で

2020年9月30日

西東京市で、8500円分のチケットなどを5000円で購入できる「西東京プレミアム応援券」が発行されます。

(※編集部注 販売は終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

8500円分は、「お食事券」と「お買い物券」に分かれており、飲食店で使える「お食事券」は500円×14枚で7000円分。「お買い物券」は500円×3枚で1500円分となっています。

プレミアム率は70%と、かなりお得な企画です。

使用できるのは、現状では西東京市内の約300店舗(うち飲食店は約120店舗)です。

利用可能期間は11月16日(月)から来年1月31日(日)まで。

応援券の販売は11月1日(日)から来年1月15日(金)まで。企画に参加するどの飲食店でも「お食事券」を使用できます。3000セットまで。
予定数が売り切れ次第終了です。

ちなみに、先行して売り出した10月1日からの「オンライン販売」は、予定数の2000セットが初日で完売しています。

関心が高いので、ご希望の方はお早めに。

(※編集部注 販売は終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

販売は市内の指定の場所で実施予定です。販売場所など詳しくは市ホームページへ。

詳しくは西東京商工会ホームページご参照を。

 ◎西東京商工会「西東京応援事業」


2020/11/10

西東京市のプレミアム付チケット、一般販売は11/2〜11/9

新型コロナウイルスで疲弊した地域の飲食店・小売店などを応援しようという「西東京応援事業」で、11月2日(月)から9日(月)まで、70%のプレミアムが付くお得な「チケット」が販売されます。 (※編集部注 販売は終了していますが、地域情報として掲載を継続しています) 上記期間中の応募を対象に、抽選での販売となります。 販売数は3000セットです。 気になる「チケット」の内容は、以下となっています。 ・飲食店で使える「お食事券」 500円×14枚(7000円分) ・小売店で使える「お買い物券」500円×3枚(1 ...

ReadMore

2020/6/10

「#エール飯」から2カ月 いま、地域の飲食店は―—

新型コロナウイルスによる影響を特に大きく受けている地域の飲食店を救おうと、各地で取り組まれている「#エール飯」プロジェクト。 各店のテイクアウトメニューの情報をSNSでシェア・拡散する取り組みですが、その効果はどのようなものなのでしょうか。 地域の飲食店の現状や今後の展望について、東村山市と西東京市の関係者に取材しました。   北多摩で最初に取り組んだ東村山 現在、多摩北部の各市で実施されている「#エール飯」。多摩北部で最初に取り組んだのは東村山市です。 東村山市では、東村山市料理飲食店組合の主 ...

ReadMore

2020/6/24

「地域のお店が続いてほしい」  「#西東京まちめし」で約20店舗に声かけた市川さん談話

飲食店のテイクアウトメニューをSNSでシェアしようというプロジェクト「#西東京まちめし」。 その取材過程で、手弁当で地域の飲食店に「#まちめし」参加の呼びかけを続けた市民がいることを知りました。その名は、保育士の市川敦子さん。 そこで「タウン通信」では、市川さんに連絡を取り、どんな思いで呼びかけをしたのかなどをお聞きしました。 以下、談話スタイルでご紹介します。 ボランティアで、地域の飲食店に「#西東京まちめし」への参加を呼びかけて回った市川敦子さん=「田無なおきち」にてインタビュー 「できること」をコツ ...

ReadMore

2020/9/3

「#西東京まちめし」スタート

テイクアウトで飲食店支援!   「#西東京まちめし」でSNS投稿を 新型コロナウイルスの終息が見えず、飲食店が大きな打撃を受けているなか、「テイクアウトで地元の飲食店を支えよう」という活動が西東京市で始まりました。 テイクアウトした料理をツイッターなどのSNSに「#西東京まちめし」を添えて投稿し、地元でのテイクアウトを盛り上げていこうというものです。 大分県別府市で始まったといわれる取り組みで、先月、東村山市でもスタートしています(=記事はこちら)。 各市とも、「市民一人が一食テイクアウトすれば地域の飲食 ...

ReadMore

2020/9/30

PayPayと東村山市がコラボ 最大1万5000円がお得に! 12月迄

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペーン」が、10月1日(木)から12月31日(木)までの3カ月間で実施されます。 市外の人も対象となるキャンペーンで、ボーナスの付与は支払額に対して20%。ただし上限があり、1カ月で5000円まで、1回の決済に対しては2000円までとなっています。 3カ月間のキャンペーンを上手に利用すれば、最大で1万5000円相 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.