2018.01.17 地域情報

ひばりが丘からはばたいた、有名ファミレス店

<地域ネタ掘り出し隊!>

すかいらーくグループHPのスクリーンショット

 

「ガスト」「バーミヤン」など、ファミリーレストランの運営で知られる、株式会社すかいらーく。実は、西東京市にゆかりのある企業なんです。

 

同社の前身である、ことぶき食品。当時はスーパーマーケット事業を展開し、1962年には、ひばりが丘団地に第1号店を出店しました。しかし、西友など大型スーパーの出店に伴い、業績は悪化。次なる事業への展開を模索し、ファミリー層をターゲットにしたレストランの展開に目を付けました。

 

そして、1970年、府中市にオープンしたのがファミリーレストラン「すかいらーく」です。同レストランの名前の由来は、ことぶき食品の創業地である「ひばりが丘」にちなんだもの。「skylark(スカイラーク)」とは、「ひばり」(鳥類)の英語名なのです。

 

事業は軌道に乗り、74年には現在の社名である「株式会社すかいらーく」に商号変更。98年には、同社の展開する飲食店の出店数が全国1000店舗を突破するなど、その人気はみなさんもご存知の通りです。

 

 

<編集者の一言>

おなじみのファミレスも、自分たちの住む街にゆかりがあることがわかると、不思議と愛着が湧いて来ますよね。ちなみに、私は高校時代に「ココス」というファミレスでアルバイトをしていたことがあります。得意料理はジャンバラヤでした。

 

(文・石川裕二)

 

【リンク】すかいらーくグループ

 


 

【こんな記事も読まれています】

 

外国人が写した1990年代の田無の街並み

 

小平発「一目で義理とわかるチョコ」

 

栄養士夫婦によるヘルシーバイキング キッチンファクトリーMoe

 

自由学園パン工房のキーマカツカレーパンが最高金賞

 


 

◎買い物をすると現金が戻ってくるお得なサービス→monoka(モノカ)

 

◎お試しトライアル実施中→【家事代行サービスのキャットハンド】