2018.02.15 地域情報

外国人が記録した“日本の街並みと日本人の記憶”

<地域ネタ掘り出し隊!>

動画のスクリーンショット

 

【先週のあらすじ】

やあ、僕はタウン通信編集部の石川。ある日、僕は「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、1本の動画の存在を告げられる。そこには、1991年の田無の街並みが映し出されていた。撮影しているのは外国人。「どうして田無に?」「なぜ動画で記録を?」。さまざまな疑問が湧いてきた僕は、彼のブログを辿り、連絡先を発見。慣れない英語で彼にメールを送り、コンタクトを試みたのだった……(※海外ドラマの「前回のあらすじ」をイメージしてください)。

 

 

最近、海外ドラマの『X-FILES』にハマっている石川です。

今週は、動画の撮影者であるLyle(ライル)さんへのメールインタビューを公開。まだ先週の記事をご覧になっていないという方は、こちらをクリックしてください。というか、本当は「地域ネタ掘り出し隊!」の更新日である昨日に掲載するはずだったのですが、バレンタインデーネタに心を奪われてしまいました。不定期更新枠の木曜公開ということでお許しください!!

 

 

Lyleさんは、アメリカのカリフォルニア州出身。日本の文化や工業製品をきっかけに、日本そのものに興味を持つようになったといいます。

 

「どうして日本が好きなのかを説明するのは難しい。好きな色を、なぜ好きなのか言葉にするのと同じくらい難しいです」

 

日本への関心が膨らんでいったのは、サンフランシスコに住んでいた頃のこと。海に面した公園で、西の方角をぼんやりと眺めては「この海の向こう側に、日本があるんだ……」と感じたのだそう。

 

海の向こうに思いを馳せる日々。ライルさんの中で、次第に「日本を実際に見てみたい」「日本のことをもっと知りたい」と思う気持ちが強くなっていきました。

 

「『よし、行こう!』と決めたものの、友人や家族に、日本に対する気持ちを説明するのは難しかった。なので、誰にも言わずに飛行機に乗って日本へ。家族には、品川から『日本に行きました』と絵葉書を出しました」

 

こうして、ライルさんは1984年から東京に住み始めます。1990年からは、アナログビデオカメラを常備。日々の生活や、日本を散策する様子を記録するようになりました。

 

「写真を撮るのは、昔から大好きでした。ビデオを撮り始めたのは、それまで目の前にあった建物などが、どんどんなくなっていくのを目の当たりにして、『無くなる前に記録をしておかなくちゃ』と思ったからなんです」

 

ライルさんが田無を訪れたのには、2つの理由がありました。一つは、田無タワーを見ること。もう一つは、かつて建てられていたライオグランデ大学日本校の校舎を一目見るため。いずれも、日本のテレビ番組で見掛けて気になっていたのだそうです。その様子を撮影したビデオはこちら。当時の田無の印象について、「開発が進む前の田無駅前は活気があふれていて、ユニークに感じました」と振り返るライルさん。

 

「無くなる前に記録をしておかなくちゃ」というライルさんの言葉通り、2018年となった現在、ライルさんが残したビデオテープに映る街並みは、面影を残しながらも姿を変え続けています。田無という地域に限らず、当時の東京近郊の街並みを知る人にとって、ライルさんの撮った動画の風景は、とても懐かしいものなのではないでしょうか。

 

 

タウン通信編集部には、ライルさんのビデオを見たという40代の女性から、一通のメッセージが届きました。

 

「私が武蔵野大学に通っていた頃の田無駅です。動画を観ながら『あー、ここのセブンイレブン毎日寄ってた』『森永LOVEでお茶したなぁ』「この自動販売機でいつもタバコ買ったっけ」と、思い出がフラッシュバックしてきました。今ではもう、見られない景色なので、何度も、何度も、繰り返し見てしまいました」

 

街には人々の営みがあり、そこで暮らしていた人々の記憶が宿ります。ライルさんは、東京にあるベッドタウンの街並みだけでなく、月日とともに薄れゆく人々の記憶をも記録していたのでしょう。

 

ライルさんのYouTubeチャンネルには、田無以外にもさまざまな街の風景を記録したビデオがアップロードされていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

https://www.youtube.com/channel/UCBkPgZh2RASVMn_fHh0TvTQ

 

(文・石川裕二)