2018.06.08 九星気学

 

 

 

[全体運]

 

歴には、雑節といわれる歴日がいくつもあります。それは、二十四節気、五節句以外の季節の節目で、主として農業に関係のある日本独自のものが多いのです。

 

6月になると、入梅とか梅雨入りという言葉がよく聞かれますが、この「入梅」というのも雑節のひとつです。太陽黄経が80度に達する時で、新暦の6月11日ごろに当たります。

 

昔の農家では、入梅の日を目安に田植えを行ったといいます。梅雨は歴上で30~40日続きますが、その間に二十四節気の夏至(21日)があります

 

1年中で、昼が最も長いころです。陽の気は今が頂点。季節のめぐりはすでに陰の気を深めながら、1年の折り返し点を迎えます。

 

30日、夏の大はらい(夏越しのはらい)がすんだら、心新たな1年の下半期が始まります。

 

今月はどの本命星の方も、脳、心臓の不調に要注意です。血圧の高い方は、放置せずに専門家に診てもらうことです。外出中も適切な水分の補給を忘れないでください。

 

 


 

[九星別運勢]

 

一白水星 

白黒ハッキリさせれば有利。持ち前の冷静さで自分を通して。

 

物事、急展開する時だけにモタついてはいられない。人間関係では、相手のペースに巻きこまれて感情的にならないように。基本的に運気は強く、味方も多い。仕事は仲間とよく話合って、積極策でいくのがよさそう。プライベートでは、家族に関して入れしいことがあったり、自分の趣味にからんだ用事があったりで、こちらも充実している。

 

二黒土星 

強気にでて、いい流れをつくりたい。たまにはハッタリも可。

 

仕事は、はじめ少々てこずりそうだけれど、腰を据えてグイグイいって。いったん動きはじめたら、将来的にも有望。新しい出会いも悪くない。ちょっとお調子者の若い仲間も、意外に力になってくれる。パートナー募集中の人は、先月来の好調のままに決まり!かも。ただし、オーバーワークがたたって、お疲れ気味。睡眠と水分を十分にとることが大切。

 

三碧木星

遊びや趣味の世界が充実。金銭の出入り多し、無駄遣い注意。

 

貸していたお金がかえってきたり、何かと臨時収入はあるものの、交際費、レジャー関連の支出もかなり。遠方にツキあり、旅先でひらめくこともありそう。反面、本業はややだらけモードで、はかどらない。焦るとミスも多発するから、落ちついてコツコツとこなしていって。壁にぶつかったら、過去の資料や長老とよばれるような人に尋ねてみるといい。

 

四緑木星

古い問題がネック。やる気と新しい視点で、難関を突破して。

 

流れは悪くないし、パワーも十分。過去の事柄が再浮上した場合には、古い考え方にとらわれてはダメ。今月は、新しいもの、イキのいい発想にツキがあるから、若い人やいわゆる門外漢といわれる人の知恵を借りるのがよさそう。ただし、書類、印鑑、官公庁関係のことについては、素人判断せずに専門家の意見をあおぎたい。

 

五黄土星 

持ち前の強気もくじかれ、泣き面に蜂。アート系に活路あり。

 

上からは踏みつけられ、下から理不尽な突きあげが。といってもグチを聞いてくれる相手も今イチ信用ができない。と、こんな不調な時も、たまにはあるもの。今は雌伏の時。再来月には、五黄のパワーが復活するから、それまでじっくり次の一手を考えたり、趣味の世界に没頭するのも悪くない。幸い、ひらめきには強く、芸術、文学方面では強み発揮。

 

六白金星 

気分は失速、焦ってはダメ。甘言にのらず無難な道を選んで。

 

なんとなく気力がぬけて、忘れ物やミスが多発。無理に力めば、物事、裏目にでるからやっかい。まずは、ちょっと休んで一呼吸。周囲の状況を少し離れた視点から眺めてみて。公私とも誘惑多く、つい自分もヘンなことを思いつく時だけに、客観的な目が必要。時には、家族や長いつき合いの信頼のできる人に相談をして、いろいろな意見をきいてみるといい。

 

七赤金星

自然な笑顔で周囲もいい雰囲気。運気上昇、やりがいのある月。

 

ムードメーカーの本領発揮、みんなのやる気もアップして、仕事もはかどりそう。少々思い仕事を任されても、それが今月のふんばりどころと心得て。来月以降のよい結果につながるから。また、気づかないところで、仕事ぶりがよい評価をされている。家族、親戚との関係も好調で、内輪の集まりなども楽しい。

 

八白土星 

実力が認められて期待もされる。素直に人の話を聞いて、開運。

これまでの努力が報われて、いい結果がでてくる時。周囲も協力的で、特に年長者が力になってくれそう。雑談のなかにもヒントがあるから、アンテナは張っておいて。婚活中やパートナー募集の人はチャンス。アタックされたら素直にのるもよし、気になる相手がいるなら、ストレートにアタックするも可。ちょっと華やかな感じの人と縁ができやすい。

 

九紫火星 

水分をとって小憩。相手の出方を見ながら、時には変化球も。

 

基本的には快調ながら、物事まとまるまでに少々時間がかかりそう。相手の意表を突くことが効を奏することもある。梅雨時でも、特に蒸し暑い日には水分摂取を忘れないで。今月は水に助けられる時だから、きれいな水のあるところはパワースポットにもなる。ただし、汚れたたまり水は逆効果。家に金魚などの水槽のある人は、しっかりとお掃除を。

 


[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか