2019.09.01 九星気学

あなたの9月の運勢は? 九星気学で鑑定!


 

あなたの9月の運勢は? 九星気学で鑑定!

 

今年も猛暑の夏を超えて、ようやく9月。暦の上では、はや秋のまっさかり・・・、朝夕はだいぶしのぎやすくなりましたね。

 今月は九星でいえば四緑木星の月。さわやかな風が支配する1か月です。二十四節気では「白露」(8月)、「「秋分」(23日)とつづいて、その字面からはひんやりとした秋の気配が感じられます。

 秋分がすぎれば、いよいよ秋の夜長に向かってまっしぐら、どんどん陰の気が深まってゆきます。

 朝夕の涼気を感じながら、夏バテ気味の心と体をクールダウンしていきましょう。

 

 今月は、どの本命星の方も虫歯を含めて口中の疾患に要注意です。また、せきやのどの不調をともなう夏カゼのような、はっきりとしない症状は長びく傾向にあります。気になる場合には放置せず、専門家に診てもらうことをおすすめします。

 


  [九星別運勢] 

 

一白水星 頑張るものの周囲の反応は鈍い。腐らず、その調子で進んで。

 

やる気をだしても相手はのってこないし、周りはミスや手違いも多い。でも、そこで気力をプッツンさせたら、元も子もない。手をつけている仕事に対して、集中力を持続させることが大切。ただし夏バテ気味で、体力はやや低下。不要な外出は控えて休養をとりたいところ。旅行やレジャーに繰り出すと、盗難、忘れ物などのトラブルの危険も。

 

二黒土星 年長者にも認められて多忙。車、機械類は点検、運転、丁寧に。

 

実力が周囲の人たちの目にとまって、何かと頼られることが多い。生来のめんどう見のよい二黒土星、人のために頑張りすぎて自分のことが疎かになることも。特に、車や機械の操作が雑になると、事故や故障につながるから気をつけてほしい。仲間や友達との飲食の楽しみもある。人によっては、ちょっとしたアルバイトを頼まれるなど、臨時収入もありそう。

 

 

三碧木星 失言で墓穴を掘るか。一方、相手のうまい話にも落とし穴が。

 

こちらが不適切な発言をすれば、あちらの話にも裏があいそう。今月は、得意の弁舌で失敗しやすく、その上、もっと上手の雄弁家の口車にのってしまったり・・・。交渉ごとの流れは快調だけに、慎重さが必要。結論はあわてて出さず、しばらく様子を見てからにして。縁談、パートナー募集中の人は、今月もちあがった話は見送って正解。

 

四緑木星 生活改善のチャンス。仕事の方針、食習慣などの見直しを。

 

やる気あり、変化の気運ありで、公私にわたって改善策を打ちだしていきたい。幸い、周囲の協力も得られる時だから、思うところを発表して。ただし、あまりお金のかかる大改革をしてはダメ。私生活であれば、毎日軽い体操をする、就寝前には飲食をしない、禁煙、スマホをいじりすぎない・・・などなど、いつも気になっている小さなことから始めてみましょう。

 

五黄土星 気分充実。いい流れをつくるためには、仲間と和が決め手。

 

五黄土星は、来年からが本格的な開運期。今月はその助走期間として大切な時だから、しくじらないように。注意すべきは、争い事と異性問題。できる人は特に態度が大きくなって周囲の反感を買うこともあるから、言動は控えめにして。ひらめきには冴えがあって、思いついたアイディアはモノになりそう。夢の中でいい知らせをキャッチすることもある。

 

六白金星 勢いでつっ走れば頓挫も。じっくり腰を据えて、事態は好転。

 

従来の仕事や交渉事は、いつもの調子で力いっぱい押していくのは逆効果。気長に粘って、相手の出方にうまく合わせていくのがコツ。人ともモノとも新しい出会いにはツキがあり、地味ながらも先が楽しみ。趣味のサークルなどでも思わぬ出会いや発見がある。ただし、過去の思い出にこだわるのはダメで、元カレや元カノとの再会も人生を停滞させる。

 

七赤金星 やる気に水を差され、交渉事は難航。貸し倒れにもご用心。

 

公私ともに、積極策を打ちだそうにも仲間や家族の反対にあって、すごすご撤退。ネックとなるのは、年配の人たちや古いおなじみさん。今月のゴリ押しは不利。得意の弁舌も封じて静かにやりすごすのが賢そう。交渉事は、より慎重さが必要で、金銭を動かすのは危険。親しい間柄でもお金の問題は微妙だから、貸借などはしないにこしたことはないようで。

 

八白土星 ひらめきも冴えて、いい情報をキャッチ。遠方に目を向けて。

 

多彩な情報に、気を散らさないことが大切。なかには、話半分といったニュースも。総じて身近なところからおこった話は実を結びにくい。一方、本職以外の特技を発表したり、役立てたりするチャンスがあり、思わぬところで株が上がりそう。ただし、おだてにのって財布のヒモを緩めすぎると後悔する。旅行、出張の話が持ちあがったら幸先がよい。

 

九紫火星 賑わいから退一歩で、自分を取り戻す。新しい出会いに期待。

 

賑やかな席にいることの多い九紫火星だけれど、時には遊び仲間から離れて、静かにすごしたいもの。遠くへ旅したり、遠方の知人との再会も楽しい。新しい話、珍しい話に注目。目からウロコ、未知の世界が開けるかも。一方、古い話が蒸し返されたら、話に巻き込まれないよう、サラリとかわしましょう。疲れを感じている人には温泉も効く。秘湯の旅はいかが。

 

 

 生年表

 


 

[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか