2019.11.01 九星気学

あなたの11月の運勢は? 九星気学で鑑定!

 

あなたの11月の運勢は? 九星気学で鑑定!

 

日暮れがめっきり早くなって、8日には二十四節気の立冬を迎えます。暦の上では、いよいよ冬の始まり。

 

北国からは初雪の便りが届き、東京と近畿地方では「木枯らし一号」が発表されるころです。

 

夜の長い季節も冬至に向かって底を打つころですが、今年は九星の巡りを見れば、今月23日から早くも「陽の流れ」に入ります。これから寒い冬に向う時ではありますが、気の流れは微妙に変化していて、ちょっと軽やかなものが感じられると思います。

 

小春日和に恵まれたら、心を落ちつけて気の流れを感じながら歩いてみてください。

 

 

今月はどの本命星でも、心臓や血圧の状態に問題があったり、頭痛もちの方は要注意です。浴室、寝室など、各室内の温度調整にも気を配ってください。

 


 

 [九星別運勢] 

 

一白水星 いい調子なのに、結果は今イチ。目先のことより先を見据えて。

目前の交渉事はよさそうでいて、土壇場で双方、思いが一致せず御破算。今月は焦って結果を出そうとせず、ゆったりと構えているといい。男女の出会いは意外にいいが、これも焦ってはダメ。のんびりおつき合いして、じっくり人間性を見定めましょう。衝動買いをして失敗したり、キズ物を買ってしまったり、買い物にはツキがない。

 

二黒土星 状況に変化あり、思案のしどころ。自分の意見は通りやすい。

先月来の仕事も、少々風向きが変わってきそう。協力者は多いから、腹を割って話し合えば、いい知恵もでてくる。ただし、投機的な話がでやすい時期だけれど、これはダメ。山師のような人が接近してきたら要注意。身内との関係はいい感じだから、家族旅行や親戚の集まりなど楽しめる。そんな時に、小難しい話やグチっぽい話をするのはヤボ。

 

三碧木星 上からの圧にも、へこまない。堂々と自己主張して実力発揮。

気が大きくなって、強気で勝負にでたくなる時。運気は強いから、それはいいけれど、後で困らないよう注意も必要。特に大金を投ずるようなことは、慎重でありたい。年長者から頭を抑えつけられたり、口うるさくいわれたり。でも、それも実力を認められている証拠。ヘンに反抗的にならす、相手を立てていれば、逆にいい流れができてくる。

 

四緑木星 ホッと一息、趣味に没頭もいい。心ときめく出会いもありそう。

ちょっと気が緩んで、仕事は今イチ。反面、打ち込める趣味のある人には、充実した月になる。今月始めるけいこ事や趣味は長つづきして、モノになる可能性が大。遊びや飲食の席にはツキがあるけれど、異性関係は慎重に。モテて喜んでいると、後でやっかいなことになる場合も。久しぶりの友人に会って、思いっきりおしゃべりするのも気分転換によさそう。

 

五黄土星 ヤボ多発で動くに動けず。忘れ物と暴飲暴食に気をつけて。

やる気はあるし、体調も悪くない。それなのに本業がスムーズにいかないのは、何かと人の問題に巻きもまれることが多いから。人のモメ事には深入りしすぎず、自分の足元をよく見て。出先での落とし物なども多発しやすいから、遠出は控えて、近場の公演や見晴らしのよいところで一息いれて。ひとりになって、何も考えない時間も大切。

 

六白金星 賑わいのなかの孤独。万事、的を絞りこんで詰めをしっかり。

はた目には華やかに見えるけれど、実は人間関係の苦労も多そう。よさそうな話はいくつか浮上。ただし、話半分のことが多く、安易にとびつくと失敗する。急かされる話は要注意。投機的なことにも気持ちが動きやすいが、これもダメ。反面、大きいことをしようと思わず、のんびりした気分を保つことができれば意外に公私ともに好調。

 

七赤金星 たまにはひとりの時間もいい。ちょっとうれしい知らせもあり。

先月頑張った人は疲れのでるころ。珍しく、集まりに出るのもおっくう、なんていうことも。ここでマイナス志向に陥ると始末の悪い七赤金星、この時期を健やかにのりきる工夫が必要。のんびり音楽を聴いたり、動植物と触れ合ったり、お菓子を作ったり、断捨離をしたり。何かに集中していると、不意に友人から嬉しいメールがきたり、いいことを思いついたりするから不思議。

 

八白土星 誘惑多く、ひらめきもちょっと残念。危ない橋は渡らないで。

従来の道を守っていれば案外好調・・・・なのに、つい欲をだしてかわったことをして失敗しやすい。単調な仕事も、上手に気分転換をはさみつつ続けることが大切。体調はやや低調。体が重いと感じたら、過食を控え、軽い運動をして。温泉、指圧なども有効。来月からは本領発揮の良運気に突入。十分活躍できるよう、今月中に体調を整えておきたい。

 

九紫火星 褒められたり。噂の的になったり。自己PRは今がチャンス。

華やかな九紫火星の言動は何かと目立って、話題の中心人物いなりやすい。隠し事のある人はありがたくない時かも知れないが、そうでない人には喜ばしい時。上司や有力者とも交流、出会いが多く、得るところが大きい。相手の話をよく聞くことも大切。多忙だし、やる気も満々なだけに、知らない間に疲れがたまりそう。休養も忘れずに。 

 

生年表

 

 


 

[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか