七十三、 腰痛・本当の原因

医針伝心

土居治療院 土居望院長コラム

 

日本人で腰痛に悩まされている人は、約2000万人。ほとんどの人は、医学的機械的検査を受けています。

レントゲン、MRI、脊髄造影……。

担当の医師は、その画像を診て、変形性腰椎症です、とか、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症などと診断します。

中には、痛みに苦しみながらも医学的には全く異常はないと言われる人もいるでしょう。

 

機械的検査は本当に正しいのか

では、その診断は本当に正しいのでしょうか。

現代医学は痛みの原因と結果を一つの線で結ぼうとします。

そこに無理がある。

変形性腰椎症などが画像上認められても、全く痛みのない人もいれば、異常はないのに痛みに悩まされる人は大勢いるのです。

 

腰痛の8割以上は、実は原因不明

今、腰痛に悩まされている8割以上の人は、病名は付いているけれど実は原因不明なのです。

私は初診で来院した腰痛の方に「診断的鍼」という施術をまず行います。まず神経根の圧迫はないかをしらべ、腰に局所的な強い圧痛があれば0.16ミリの鍼を軽く圧痛部に入れます。それは極めて細い鍼で、施術時間も1分もあれば十分です。

それだけで腰痛に悩む半数以上の方がアレ!  痛みが軽くなりましたという。

つまり画像上、ヘルニアや脊柱管の異常が認められても、その方の腰痛はまったく別の筋膜組織や椎間関節の捻挫などが痛みの原因だったのです。

 

プロフィール

土居 望

「土居治療院」院長。開業37年で、治療した患者はのべ20万人以上。鍼灸師卒後臨床研修指導員。ツボや鍼灸への研究を続けており、独自の治療観を持つ。著書に『鍼灸の奥義、あなたもツボ治療の達人になれる』(青萌堂)、『東洋医学ノート』(法研)がある。TEL042-475-9375。東久留米市東本町13-2。

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.