百十四、機械が心を持つ日

医針伝心

土居治療院 土居望院長コラム

先月出版された、明治大学教授・水野勝之共編著『イノベーションの未来予想図ー専門家40名が提案する20年後の社会ー』(創成社)の中で、私は、「今はばかげたAI伝説であるシンギュラリティ(技術的特異点)は確実に訪れ、汎用性人工知能が誕生した時、人間の心に近い感情を持つであろう」と書いた。

東洋医学と人工知能(AI)という真逆とも思える領域から東洋医学の思考研究を行っていたからである。

AIの思考は点であり、点と点を結びつけて思考する。人間の思考は線でありその流れから思考する。つまり線の間が時に抜け落ち、多くのバイアスを含んでいるのである。脈だけで全身を診る脈診とか足つぼなどはその典型であろう。

話を戻して、小さなIC(集積回路)チップについて考えてみよう。ICチップとは、あらゆる電子機器を制御する神経系統として使われているが、その性能は開発当初の100万倍に達しているという。そして、10年、20年後には、今からまた100万倍の性能になるのである。

テクノロジーの進歩は指数関数的に向上する。つまり、技術進歩が次の技術進歩を短縮させ、イノベーションは加速されるからである。レイ・カーツワイル氏は、2029年にAIロボットは人間並みの知能となり、2045年にシンギュラリティが訪れると予測する。シンギュラリティとはAIが人間の知能を超え、人間では予測不可能な未来社会の始まりとされる。その時、あなたのそばにいるAIロボットはSFのターミネーターであろうか? アニメのドラえもんであろうか? 

プロフィール

土居 望

「土居治療院」院長。開業37年で、治療した患者はのべ20万人以上。鍼灸師卒後臨床研修指導員。ツボや鍼灸への研究を続けており、独自の治療観を持つ。著書に『鍼灸の奥義、あなたもツボ治療の達人になれる』(青萌堂)、『東洋医学ノート』(法研)がある。TEL042-475-9375。東久留米市東本町13-2。

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.