ビートルズって、何?【13】《ビートルズサウンドの秘密~ビートルズとギターpart1》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久

 好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。
 前回【12】では、初の海外ツアーや大規模な北米大陸でのツアー、イギリス国内でのツアー等々、そしてツアーの合間をぬって休日返上でレコーデイングしたシングルやアルバムが世界中でヒットする多忙な日々。少々くたびれたような顔をしていたビートルズでした。
 今回は、ビートルズサウンドを支えていたビートルズの楽器の中で、特にギター(とベース)について、ハンブルグ時代からデビューの頃まで見ていきたいと思います。
 たくさんの皆さんの感想やご意見、どうぞよろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

トニー シェルダンとビートルズのギター

 ビートルズの面々は、どちらかというとあまり頻繁に楽器を変える方ではなかったと言えます。
 デビュー前のお金のない頃は勿論ですが、ジョンもポールもデビューする頃に使い始めた楽器を数年間に渡って使い続けています。これはリンゴも同じですが、その中では、ジョージは若い頃から楽器に限らず新しい物を試してみるのが好きだったようですね。  
 そんなジョンやジョージのハンブルグ時代に、ギタリストとしてまたシンガーとして大きな影響を与えたのがイギリス人のトニー シェリダンでした。(彼に誘われて一緒にドイツで録音した’My Bonny’が、ビートルズが最初にリリースしたレコードとなったことは【3】でお話ししました。)
 「シェリダンがいなければ、ハンブルグの音楽シーンは誕生しなかっただろう」と言われるシェリダンは、ビートルズより数ヶ月前からハンブルグで活動を始め、当地でも瞬く間に人気者になっていたシンガー/ギタリストでした。
 彼は当時レコードも何枚か出していましたが、イギリスのTV番組で初めてエレクトリックギターを弾きながら唄ったミュージシャンで、ビートルズの面々もTVでよく目にしていましたし、彼らが憧れていたエディ コクランやジーン ヴィンセント等のアメリカのスター達ともリバブールのステージで共演したりしていました。
 また、シェリダンはミュージシャンが敬うミュージシャンで、多くの若者が彼からいろいろなことを学んでいて、ジョージもシェリダンが半年前にエディ コクランから習ったというギターの演奏法を教えてもらって感激したりしていました。
 当時のジョージとのやりとりを振り返ってシェリダンは言います。
 「ジョージは会うなり私をつかまえて『どうしてあのコードじゃなくて、このコードをつかうんですか?』と聴いてきた。ギターやコードのことを夢中で議論した。ステージそっちのけで、おかしなくらい情熱を傾けてね。・・・私はいつもジョージにブルージーなギターを弾かせたいと思っていた。『例えそれがポップソングでも、アメリカ南部のサウンドにするんだぞ』なんて言ってね。」
 シェリダンはまた「私は彼らに分厚い音や音質に対する考え方の点で影響を与えたんじゃないかな。私はいつも良いギターを使えと言っていた。ギターに対する思い入れは私の方がずっと強かったよ。私のGibsonES-175は、私達がハンブルグで共演している間、ジョンやジョージもよく弾いていたんだ。彼らにとってはきちんとしたギターを弾くことは良いことだった。彼らも私のGibsonやMartin-D28Eを気に入って弾いていた。」
 ※GibsonES-175は、当時も今でもジャズギターの代名詞とも言うべきフルアコギター。このギターを使ったJazzの名演は枚挙に暇がありません。またMartinD-28Eは、フォークギターの名器と言われたD-28に電気的に音を増幅するピックアップ(ギター用マイク)を取り付けた楽器です。

ジョン愛用のギターは売れ残りのギターだった?!

 さて、ジョンがこの後長きにわたって使い続ける愛器に出会ったのもこのハンブルグでした。セミホローボディで3つのピックアップとアームが付いたアメリカ製のRichenbacker325です。
 ジョンは後に、伝記作家のインタビューで自分の大切な物は何かと聴かれ、こう答えています。
 「最初に手に入れたこのRichenbackerだね。ちょっと使い込んでいるけれど、弾いていて楽しいんだ。ドイツで分割払いで買ったんだ。当時のぼくにとっては目玉の飛び出るような大金だった。」(※後日、未払いだった分割払いの残金を精算したのはマネージャーになったばかりのブライアンでした。)
 ジョンはこの楽器を、何度も修理に出したり部品を交換したり、更には色を塗装し直したりして、ずっと大切にして手元に置いておいたのでした。
 このギターを初めて見たのは最初にハンブルグに行った時だったと、当時を振り返ってジョージは言います。
 「僕らはハンブルグの楽器店に入って、ジョンがビートルズのコンサートで有名になったあの小さなショートスケールネックのRichenbackerを買ったんだ。彼はその頃、ジョージ シアリング クインテットのギタリストだったトゥーツ シールマンスのアルバムを見ていたんじゃないかな。」
 ジョージ シアリングは、イギリス人の全盲のジャズピアニストで、当時アメリカに渡って絶大な人気を得ていました。この頃シアリングのグループでギターやハーモニカ等で素晴らしい演奏を繰り広げていたのがベルギー出身のトゥーツ シールマンスでした。そして、この頃大ヒットしていたのが、彼らのライブの熱狂を伝えるアルバム”Sharing On Stage”で、そのジャケット写真にはRichenbackerギターを弾くシールマンスの姿がしっかり映っていたのです。
 ここで、ジョンとジャズの関わりについて、少し考えたいと思います。
 実はジョンが最初に覚えた楽器はハーモニカでした。そして、デビューシングルの’Love Me Do’でのジョンのハーモニカの印象的な音色がマーチンの耳にとまったことはお話ししました。
 このシェアリングのアルバムでも、シールマンスはギターのみならずハーモニカでも素晴らしい演奏を披露しています。(どちらかというと後年は、ハーモニカや口笛とギターの一人デュエットでの演奏の方が有名かもしれません。日本人との共演アルバムも多く残しています。)
 ジョンが、そんな<ギターもハーモニカも演奏するジャズミュージシャン>としてのシールマンスに興味を持っていたことは、彼の音楽性を考える上で重要な点ではないかと思います。
 実はジョージ シアリングは、このライブアルバムが大ヒットしたことにも表れているように、素晴らしい技術を持ちながらも、ジャズを一部の高尚な人だけでなくより多くの人達に親しんでもらえるよう、<ジャズの大衆化>に尽力したミュージシャンだったのです。
 シールマンスも80年代にハーモニカでアレンジャーの大御所クインシー ジョーンズと共演して名演と言われる録音を残す等、狭い意味のジャズの範疇に収まりきらない幅広い音楽性を持ったミュージシャンとして、多くのファンや愛好家の支持を獲得していきます。
 ジョンがこのような幅広い音楽性を持った優れた音楽家に対する何らかの想いをもって、他の多くのロックンロールバンドで使われていたギターではないRichenbackerを選んだのでないか、そう考える事はそれ程無理はないようにも思えますが、如何でしょうか?
 (このギターが、ショートスケールでネックが短いのでコードが押さえやすかったり弦高を低くすることができたりという演奏上のメリットもあったかもしれませんが・・・)
 ところで、どうもジョンとこのRichenbacker325というギターには、不思議な巡りあわせがあるようなのです。
 1958年にアメリカで行われた楽器の見本市でシールマンスがRichenbacker社のギターのデモンストレーションをしている写真があります。この写真でシールマンスの背後に写っているのが、実は後にジョンがドイツで購入することになるRichenbacker325だったです。
 このギターは後年ジョンの奥さんとなったオノ ヨーコが管理することになりますが、そのギターのシリアルナンバーは、この個体が1958年に最初に製造された28本のうちの1本だということを表しています。また、この28本の中でジョンが購入したようなメイプルグローと呼ばれる色の物は8本しかなかったのです。(※このギターが黒に塗り替えられるのはデビューの頃です。)
 更に、シールマンスと一緒にこの写真に写っている個体そのものの特徴として、fホールと呼ばれるボディの切れ込みがないことやピックガードのネジの数、2か所で曲げられたアームの形等、この個体にしかない複数の特徴が確認できるのです。
 造られてから2年も売れずに残っていたこのギターはアメリカからドイツに渡り、1960年11月になってハンブルグでジョンと出会うことになるのです!
 ジョージの話には続きがあります。「トゥーツ シールマンスはそれまでに僕らが見た中で、ただ一人のRichenbackerを持ったギタリストだった。それで、ジョンが楽器店に入ってあのギターが目に入った時、彼はそれが欲しくてすぐに買ったんだ。・・・ジョンがとにかくまともなギターを必要としていた時に、あのギターがたまたま店にあって、ジョンがそのルックスを気に入ったってだけのことじゃないのかな。」
 ジョンとRichenbacker325との不思議な出会い。皆さんはどう思いますか?

ポールのベース選びの決め手は<左利き>?!

 さてポールですが、ビートルズがまだクオリーメンだった頃からハンブルグに行く少し前までは、ジョン、ポール、ジョージの3人がギターを弾きながら唄っていたことはご存じと思います。
 そして、ジョンの美術学校仲間だったスチュ サトクリフが、絵が売れて大金を手にしたことからベースとアンプを買ってビートルズにバンドメンバーとして入ってくることになったのが1960年初めの頃でした。
 この時スチュが買ったのは、普通のギターよりはずっと大きな中空構造のボデイをしたHofner333というベースでした。どちらかというと華奢で小柄だったスチュが大きなベースを抱えている姿は「ベースに持たれているみたいだった」と言う人もいたようですが、楽器としてはなかなかしっかりしたベースらしい低音が出ていたようです。
 実はポールは、そんなスチュが楽器も満足に弾けないのにジョンから深く信頼されていることに対して、疑問をもつと同時にジョンの信頼に対するライバル意識(≒やきもち)をもっていたようで、ハンブルグ時代にはかなりきつく当たることがあったり、スチュと大げんかをして仲直りをする前に彼が亡くなってしまったことを後悔していたというポールの話もあります。
 そんなスチュがアストリットと婚約して美術の勉強をするためにドイツに残ることになった後、最終的にはポールがビートルズの2代目のベーシストの席に座ることになります。
 ビートルズとしての最初レコーデイングとなったシェリダンとの’My Bonny’のレコーデイングは実はこの頃のことでした。当時はまだステージではスチュもベースを弾いていたのですが、どうやらこの録音でベースを演奏することが期待されていたのはポールだったようで、このこともベーシスト交代の一つの大きな理由になっていたように思えます。
 ポールはピアノを弾きながら唄うこともよくあり、この頃から多彩なマルチプレーヤーぶりを発揮していたようですが、ベースを弾くこと自体はあまり気乗りがしなかったようです。しばらくは右利き用のスチュのベースを借りて逆向きにして弾いたり、壊れかけた自分のギターに手近なピアノの弦を引っこ抜いて張ってベースの代用にしたりしたこともあったようです。
 さて、ポールが選んだのは、Hofner500/1。スチュと同じドイツのHofner社のベースでした。
 当時を振り返ってポールは「最終的には、ハンブルグの楽器店でウインドウに飾ってあったヴァイオリン型のベースが目に入った。結構いいルックスだと思った。軽いって言うのも気に入った。値段も丁度良かった。」(この楽器は当時スチュの楽器の半額程度の値段でした。)
 そして、「ぼくは左利きだから、左右対照的なデザインのこの楽器なら、ぼくが弾いていてもそれ程おかしくは見えないだろうと思った」のでこの楽器を選んだということです。
 さらに、どうやらポールはHofner社がドイツのメーカーだということで、ハンブルグの楽器店で左利き用のベースを特注したようなのです。
 このことは、当時のドラマーだったピートも「楽器店に特別に注文を入れたんだ」と証言していますし、1963年のイギリスのミュージシャン向けの雑誌には「ポールの左利き用のHofnerベースは、ドイツで彼のために改良されたもので、イギリスでは手に入らない」という記事もあります。
 因みに、このHofner500/1ベースの音質は非常に丸く豊かな響きがあり、楽器の中が中空になっているので中音域が伸びやかだという特徴があり、逆にネックのハイポジションを弾くと低音域が強く出る場所もあり、ビートルズサウンドの特徴にもなっていると言われます。
 この後長らく、ビートルズのベースとして、R&Rバンドのベースとして世界的な人気を得ることになるこのHofner500/1ベースが選ばれた背景には、こんな事情があったのですね。

ジョージのお気に入りの楽器は?

 ピートの話では「ハンブルグ時代のジョージはいつもギターの事ばかり考えていた」ということですが、この頃最初にジョージが使っていたのはマンチェスターの楽器店で買ったFuturamaというギターでした。
 スチュのHofnerベースやジョンのRichenbackerギター等と一緒に、このFuturamaを抱えたジョージの姿がアストリットが遊園地で撮った写真やステージで演奏しているスナップ等で残されています。
 ジョージは本当は、バディ ホリーが使っていたアメリカのFender社のStratocasterというギターに憧れていたようですが、このFuturamaはそのギターにとてもよく似た形のギターで、チェコスロバキア製でHofner等も輸入していたイギリスのセルマー社が販売していました。(当時のイギリスではアメリカ製品の輸入を禁止する法律があったようです。)
 このギターはとても弾きにくかったようですが「それでもサウンドは素晴らしかったんだよ。3つのピックアップをいろんな組み合わせで使えるようなスイッチが付いていたしね。」とはジョージの話。
 その後、1960年の夏にリパブールに戻ったジョージは、いよいよ彼が言う「初めてのちゃんとしたギター」を手にれることになります。Gretsch社のDuoJetです。
 当時人気だったGibson社のLesPaulモデルに対抗してよく似たスタイルのソリッドボディのエレクトリックギターとしてGrtsch社が1953年に発表したのがDuoJetでした。
 (このギターは、LesPaulのように完全なソリッドボディではなく、中空構造のボディを持ったギターで、この点ではジョージが後に入手するセミアコギターに近いと言えると思います。)
 「欲しいと思っているのはGretschだった。ギターを売ろうとしている男がいて、アメリカで買って持ち帰ったというGretschのDuoJetをその水夫から買ったんだ。ぼくにとって初めての、本物のアメリカ製のギターだった。そりゃあ、中古だけどきれいに磨いたよ。持っているのが自慢だったからね。」当時を振り返ってジョージは言います。
 「1960年代の初頭にリパブールでアメリカ製のギターを手に入れるのは、その希少性と値段からして、簡単なことではなかったよ。・・・ハンブルグやキャバーン、ヨーロッパツアー、1964年のアメリカツアー、それにビートルズの数多くのレコーデイングで使ったそのギターは、今でも持っているよ。」
 この頃のDuoJetの演奏性や音質は極めて優れているとされ、多くのコレクターが探しているとのこと。特有の深みのある豊かな音色と、シングルコイルピックアップの高音特性を強みとして、これらの初期製品は独特な響きを持っていると考えられているようです。
 ’I Saw Her Standing There’等で聴くことができる、明るく乾いた音色のジョージのリードギターとジョンのゴリゴリ押してくる力強いリズムギターのはっきりとした対比は、こうして生まれたのですね。
 因みにジョージがこの後手にする2台目、3台目のギターもGretsch社のギターでした。

              **********

【NBC イベント情報】

《トーキング ビートルズ》セッション~CDをしっかり聴いて、たくさん語り合いましょう!
*2024年2月4日(日)午後1時~3時
 ※申込は直接会場へ(web申込あり)締め切り間近です!
 ※1月15日(月)が申込締め切りです!!お早めに!
<杉並区立井草区民センター>2階第1・2集会室 ☎:03-3301-7720
   杉並区下井草5丁目7−22  (西武新宿線井荻駅南徒歩7分)
 ★小学生から70代の第1次ビートルズショック世代まで、汲めども尽きぬ魅力でタイムレスに
  輝き続けるビートルズ。そのサウンドの秘密を語り尽くす<参加型トークセッション>です。

**********

 皆さんもビートルズの曲を唄ったり演奏したりしながら<ビートルズサウンドの秘密>を一緒に考えませんか?
 西東京ビートルズ倶楽部(NBC)では、今までもビートルズ好きの皆さんがリアルで集まって ビートルズのCDを聴いて語り合ったりビートルズの曲をライブで聴いたりするイベント等を行ってきました。今「ビートルズのこの曲なら弾ける」とか「演奏してみたい・唄いたい」という皆さんと一緒に<ビートルズサウンドの秘密>を考える<ビートルズ倶楽部バンド>のメンバーを新たに募集します。熱い思いで一緒にプレイして、語り合いましょう!
 NBCでは、このサイトの内容やビートルズについてのご意見・感想等、お待ちしています。
 特に<私の1曲>として、<ビートルズの楽曲213曲の中でどの曲が好きか、好きな理由やその曲にまつわる皆さん自身のエピソード等々>は大歓迎です。
 皆さんの熱い・厚い想いを、メールでご連絡下さい。お待ちしています! 
 ※イベントの申込やNBCへの意見・感想等のメールも、下記までお願いします!

【 西東京ビートルズ倶楽部(NBC) アドレス:

nbc4beatles@outlook.jp

2024/2/21

ビートルズって、何?【16】《変化はもう始まっていた?! 新しいビートルズ!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回【15】は、まず過去のビートルズの活動の価値が改めて高く評価されたというニュースについて。そして、前々回の1964年の終わり頃にはくたびれ果てていたビートルズが1965年になって息を吹き返す頃の背景について考えてみました。  今回は、いよいよ息を ...

ReadMore

2024/2/7

ビートルズって、何?【15】《新しい年は、新しいギターと一緒に?!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回【14】では、リンゴのドラムセットとビートルズのロゴのこと、そして、昨年に【ビートルズの最後の新曲】として発表され、世界中で大ヒットした’Now And Then’について考えました。  今回はまず、過去のビートルズの活動の価値が改めて高く評価されたという ...

ReadMore

2024/1/24

ビートルズって、何?【14】《ビートルズは生きている?!~ビートルズの現在進行形》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回【13】では、ビートルズサウンドを支えていたビートルズの楽器の中で、特にギター(とベース)について、ハンブルグ時代からデビューの頃まで見ていきました。  今回、前回の続きでリンゴのドラムセットのことと2月4日の<ビートルズの日>も近いので、昨年に【ビートル ...

ReadMore

2024/1/9

ビートルズって、何?【13】《ビートルズサウンドの秘密~ビートルズとギターpart1》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回【12】では、初の海外ツアーや大規模な北米大陸でのツアー、イギリス国内でのツアー等々、そしてツアーの合間をぬって休日返上でレコーデイングしたシングルやアルバムが世界中でヒットする多忙な日々。少々くたびれたような顔をしていたビートルズでした。  今回は、ビー ...

ReadMore

2023/12/26

ビートルズって、何? 【12】《くたびれ果てていた?!ビートルズ》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回の【11】、新たに挑戦した映画も世界中で大ヒットし、同名タイトルのアルバムも絶好調で売れ続けたビートルズ。  今回は、初の海外ツアーや大規模な北米大陸でのツアー、イギリス国内でのツアー等々。そのツアーの合間をぬって休日返上でレコーデイングしたシングルやアル ...

ReadMore

2023/12/6

ビートルズって、何? 【11】 《今度は映画もアルバムも、世界中で大ヒット!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回【10】、それまでイギリス人が誰もできなかったアメリカでのNo1を遂に獲得して人気が爆発し、TV番組で前代未聞の視聴率を上げる等ものすごい旋風を巻き起こしていきました。  そして今回、新たに挑戦した映画も世界中で大ヒットし、同名タイトルのアルバムも絶好調で ...

ReadMore

2023/11/15

ビートルズって、何? 【10】《ビートルズ台風、遂にアメリカ大陸に上陸!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回の【9】では、怒濤の1963年後半。快進撃を続けるビートルズの周りで、世の中の状況が変わって困ったことも起き始めますが、イギリス国内では比類ない人気を獲得していた頃でした。  そして今回、それまで誰にもできなかったあの国でも遂に人気が爆発し・・・! たくさ ...

ReadMore

2023/11/2

ビートルズって、何? 【9】《止まらないのはビートルズだけじゃない?!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。 前回の【8】では、怒濤の1963年前半の、止まることを知らないビートルズの快進撃について見てきました。  今回はその1963年の後半。快進撃を続けるビートルズの周りで、いつの間にか世の中の状況が変わってきてしまい困ったことも起き始めます。そして、遂にはあの「ジャ ...

ReadMore

2023/11/1

ビートルズって、何?【8】《もうだれにも止められらない!ビートルズの快進撃》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、ビートルズの面々が自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズ自身や彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回の【7】では、ビートルズの初LP”Please Please Me”のサウンドやレコーデイングの様子。そして、その頃の反響等について見てきました。  今回はいよいよ、怒濤の1963年の春に始まった、止まることを知らないビートルズの快進 ...

ReadMore

2023/10/4

ビートルズって、何?【7】《北からの風は超弩級のハリケーンだった!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどっています。  前回の【6】では少し視点を変えて、今なお愛され続けている《ビートルズサウンドの秘密》、特に《圧倒的で個性的なパワーヴォーカルハーモニー》について皆さんと一緒に考えてみました。  今回はいよいよ、ビートルズの初LP”Please Please Me”のサウンドや ...

ReadMore

2023/9/22

ビートルズって、何?【6】《ビートルズサウンドの秘密~その1》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久  好評頂いている【ビートルズって、何?】では、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目しながらたどってきました。 前回は、レコードデビュー2曲目の”Please Please Me”で初めてヒットチャートのナンバー1に上り詰めたばかりか、新人としては異例のLPレコード録音の話が動き出したところでした。 今回の【6】では、少し視点を変えて、汲めども尽きない魅力で今なお愛され ...

ReadMore

2023/9/22

ビートルズって、何?【5】《ロンドンに向け、北のリパブールから風が吹き始めた》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久 このサイトでは皆さんと一緒に【ビートルズが残してくれたもの】について語り合い、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目して探ったり、今なお愛されている《ビートルズサウンドの秘密》を考えたりしたいと思っています。たくさんのご意見や感想を、どうぞよろしくお願いします! 前回は、3度もデビュー曲を録音し直した頃のビートルズ。あまりに<前例がないバンド>だったために迷走しながらも ...

ReadMore

2023/9/22

ビートルズって、何?【4】《前例のないバンド=ビートルズのデビューは、最後まで迷走?!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久 このサイトでは皆さんと一緒に【ビートルズが残してくれたもの】について語り合い、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目して探ったり、今なお愛されている《ビートルズサウンドの秘密》を考えたりしたいと思っています。たくさんのご意見や感想を、どうぞよろしくお願いします! 前回、リパブールに戻ってデビュー曲をレコーディングをする頃のビートルズが人気絶頂だったのに崩壊寸前にまで落ち ...

ReadMore

2023/9/22

ビートルズって、何?【3】

【3】二人の<5人目のビートルズ> 《ブライアンエプスタインとジョージマーチン》 西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久 このサイトでは皆さんと一緒に【ビートルズが残してくれたもの】について語り合い、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目して探ったり、今なお愛されている《ビートルズサウンドの秘密》を考えたりしたいと思っています。たくさんのご意見や感想、どうぞよろしくお願いします! 前回、イギリス国内やドイツの ...

ReadMore

2023/12/3

ビートルズって、何? 【2】《たくさんの出会いと別れ・・・。ここからビートルズは始まった!》

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久 このサイトでは皆さんと一緒に【ビートルズが残してくれたもの】について語り合い、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り巻く人々とのdynamics(関係性/集団力学)に注目して探ったり、今なお愛されている《ビートルズサウンドの秘密》を考えたりしたいと思っています。たくさんのご意見や感想、どうぞよろしくお願いします! 前回は、お互いの才能にびっくりした若き日の天才ジョンとポールの出会いをご紹介しました。  今回、二人がThe ...

ReadMore

2023/12/3

ビートルズって、何?【1】《互いに「ぶったまげた⁉」二人の天才、ジョンとポールの出会い》

                 西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久 「なぜ、ビートルズは今でも新鮮な気持ちで聴けるのか?」こんなことを思った方は多いのではないでしょうか? ザ・ビートルズのレコードデビューは60年以上前の1962年10月ですが、先日放送されたTV番組でも、iPhoneを創ったスティーブ・ジョブスの「私のビジネスのモデルはビートルズ」という言葉が紹介されていました。関連の新刊書籍の発行やCDの再発は今でも続いています。 ビートルズを愛する市民が集まる「西東京ビートルズ倶楽部」で ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.