「在宅」との出会い

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

今年5月に在宅医療を中心とした診療所「まつばらホームクリニック」を西東京市に開設した松原清二です。

在宅診療は社会的要請が高まっているにもかかわらず、未だ正確に理解されず、未整備の地域も少なくない状況です。

西東京市も、私がクリニックを開設するまで、専門診療所がない地域でした。

このコラムで、在宅診療の意義や実状をお伝えしていきます。

 

心臓専門の内科医から在宅医療へ

さて、それに先だって、私がなぜ在宅診療に進んだのかをお話しします。

私はこれまで、大学病院や都立病院などの地域の基幹病院で、心臓を専門とする内科医(循環器内科医)として勤務をしてきました。そんな中で、だんだんこんな疑問を覚えるようになりました。

●容態が安定し、皆さん笑顔で退院されていくのに、なぜご高齢者の再入院が多いのだろう?

●入院で治療をするのは良いけれども、それによって精神状態が悪くなったり、足腰が弱ってしまうのは、なんとかならないだろうか…。

こうした疑問から、「それならば、住み慣れた自宅に医療を持ち込んではどうだろう」と、在宅医療に取り組んでみました。

 

ここに自分の目指す道がある

すると、実際に私が関わった患者さんでは、最低月2回の訪問診療で早期に異常を発見することもできるようになり、早期治療により、入院も回避できるケースも増えました。

このような手応えを得て、「ここに自分の目指す道がある」と確信したのです。

次回からは、より具体的に、できることなどをお伝えいたします。

在宅診療でお悩みの方は、ご相談ください。

 

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.