歴史に埋もれた人物を掘り起こす  直木賞・新田次郎文学賞など受賞の作家 中村 彰彦さん

 

1994年に直木賞、2005年に新田次郎文学賞、昨年には歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞している作家・中村彰彦さん。特に史実に基づく歴史小説の名手として知られます。

栃木県の出身ですが、転勤族の父に伴って20代前半から西東京市(合併前から)に暮らします。7日午後2時からは西東京市コール田無で講演を予定しています。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

「口直し」で小説を書いた

作家になると決めたのは中学2年生のときです。

作文を書くたび表彰され、教諭から「将来、作家にでもなるのか」と言われて、「自分に合っている仕事だな」と本気になりました。

高校生のうちに日本の古典を読みあさり、大学は文学部へ。卒業後は、「文學界」などの文芸誌に関わりたくて、出版社の文藝春秋に就職しました。

……が、「書けるヤツが入ってきた」と歓迎された結果は、配属先が週刊誌に。間もなく連載まで任され、しばしライター業に追われることになりました。

そんななかで意識したのは、原稿を早く書くということ。誰よりも早く原稿を仕上げ、家に帰って今度は自分の創作のための原稿を書きました。

書くという行為は同じでも、ときに週刊誌は「わざと安っぽく書く」もの。格調高い文章を書き綴るのは、いわば「口直し」の気分だったといいます。
 

歴史小説のレベルの低さに危機感

このころまでは純文学志向。転機になったのは、同社発行の文芸誌「オール讀物」の編集部への異動でした。

2000作以上も寄せられる新人賞の応募作を下読みしているうちに、とりわけ歴史小説のレベルが低いことに危機感を持ちました。

「このままではこのジャンルが衰亡してしまう。良い書き手が出てこないなら、自分がやろう」

会津との出会いも大きかったといいます。

歴史資料を読むなかで見えてくる、会津の過酷な歴史と、もっと評価されるべきたくさんの人物たち……。

幕末期の官軍側から見た歴史――いわゆる順逆史観によって表舞台から消されたようになっている会津ゆかりの偉人に光を当て、直木賞受賞作『二つの山河』では大正期の板東俘虜(ふりょ)収容所で所長を務めた松江豊寿を、新田次郎文学賞受賞作『落花は枝に還らずとも』では幕末の会津藩士・秋月悌次郎のまっすぐな生き方を描きました。

中でもこだわりを持って何冊も書いているのが、会津藩初代藩主で4代将軍・家綱を補佐した保科正之。多摩北部の関連でいえば、玉川上水の開通を主導した人物でもあります。

「儒学の精神で民のための政治をする、その基礎をつくったのが保科正之です。

たとえば明暦の大火で江戸の大半が焼けたときには、今の何百億円に相当する額を幕府から出させています。

また、会津では、今の年金や救急医療に通じる福祉制度を始めています」
 

「創作」とは距離 史実を追い続ける

こうした歴史に埋もれた人物を掘り出していくのが作家としてのやりがい。資料を重視し、展開頼みの創作ものとは距離を置きます。

専業作家となって20年以上。驚く速度で出版不況が進むが、第一線に身を置き続け、今なお創作意欲は尽きません。

「官軍側による歴史観が根付いてしまったなか、今こそきちんとした歴史小説を書くことが必要です。

先行作品のない、誰も踏み込んだことのないところで、新しい人物像やストーリーを書きたい。

そうでないと、せっかく生まれて物書きになったかいがありません」

 

なかむら・あきひこ 著書は100冊以上。近著に5年半をかけて書き上げた『戦国はるかなれど―堀尾吉晴の生涯』。西東京市在住。

中村彰彦

     

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.