町が育てた未来の名女優  船場 未生さん

船場未生さんは、竹中直人、緒形直人、段田安則らの名優を輩出した劇団青年座研究所の卒業生で、舞台を中心に活動する女優です。

今週末27日(金)・28日(土)には、芝居の道を志すきっかけとなった「平和を祈る演劇祭」に出演し、舞台『父と暮せば』(=井上ひさし作)で主演を務めます。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

人生が変わった小学1年の舞台経験

歌などの表現活動を行う母の影響で、幼い頃から劇団四季などの舞台に触れていた船場さん。

“観る側”から“演じる側”になったのは、小学1年生の頃のことでした。

「平和を祈る演劇祭」の実行委員長である大森晶子さんから、親子で出演しないかと誘われたのがきっかけです。

初めての舞台は朗読劇。

照明を浴びるなかでの朗読は、「客席から見ていた舞台に自分が立っているんだと思うとワクワクした」といいます。

以来、小学校に通う6年にわたって同演劇祭に出演し続けました。共演した町の人々が、終演後の拍手が、歓声が、未来の女優の才を育てていきました。

 

小5のミュージカル経験を経て、本格的に劇団に

小学5年生当時、同演劇祭で知り合った演出家・ナガノユキノさんが手掛ける舞台で、初めてミュージカル作品に出演。

「なんて楽しいんだろう」

と、さらなるステージを求めて児童劇団に入団するようになりました。

高校卒業後は、友人が大学や専門学校に入学する中、劇団青年座研究所に合格し、入所。周りと違う道を進むことに不安がなかったわけではありませんが、胸に抱いていたのは「板の上で生きていきたい」という、焦がれるような思いでした。

稽古中の船場さん

 

「好きなことをしなさい」の母の言葉に背中を押され

背中を押したのは、厳しくも常に応援してくれる母の言葉でした。

「好きなことをしなさい。私もそうしてきたしね」

――2016年の春、研究所を卒業して女優となりました。

この夏、7歳の時に初ステージを踏んだ舞台に、女優として舞い戻ります。

 

二つ返事で出演を決めた

『父と暮せば』は「平和を祈る演劇祭」で何度も上演されており、船場さんにとっても、長年、「いつか私も演じてみたい」と思い続けていた憧れの作品。話を持ち掛けられた時には、二つ返事で引き受けたといいます。

「自分の原点である演劇祭に、女優として立てることがうれしいです。私の新たな出発点だと思っています。

舞台の魅力は、観客との距離が近く、役者のエネルギーがダイレクトに伝わること。少しでも何かを感じてもらうきっかけになれば。

さまざまな作品に出演して、作品のすばらしさを伝えていける女優になっていきたいです」

ふなば・みお 1995年生まれ、西東京市出身。劇団青年座研究所40期卒。現在は劇団朋友に所属。

「父と暮らせば」公演

船場さん出演の舞台『父と暮せば』は、27日(金)・28日(金)に保谷こもれびホールで開かれる「平和を祈る演劇祭」にて上演(27日=午後5時40分~、28日=午後3時30分~開演。開場は30分前)。ほかにも、朗読劇「水色の空が消えた日~ヒロシマ・ナガサキ」、一人芝居「ムヒカさんとニワトリ」、船場さんの母が出演する音楽ライブ「Beyond Nine」の公演があります。チケットは1000円(2日間全演目共通/高校生以下500円)。同実行委員会主催。詳しくは大森さん(0422・55・0168)へ。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.