緑内障の治療について

街かど診療室

保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム

 

緑内障は、眼科診療における慢性疾患として継続的な診察と治療が必要です。

緑内障を疑われたら、現在はまず診察と画像による診断を試みます。

目の他の病気を除外したうえで、緑内障がさらに強く疑われれば視野検査を行い、画像検査と視野検査に矛盾がない状況で異常所見を認めた際に初めて緑内障と診断します。

そのうえで、今後の治療方針を患者さんに説明します。

 

眼圧を下げる

端的にいうと、緑内障とは時間をかけて視野が欠けていく病気であり、治療は唯一、眼圧を下げることです。

まずはその患者さんの目に合う点眼薬を選定します。

その効果で眼圧がある程度下がると7~8割の患者さんの視野欠損の速度は緩徐~停止となり、継続的な診察で効果を確認していきます。

視野欠損の進行が止まらない場合は、さらに眼圧を下げるべく点眼追加となります。

 

点眼薬を組み合わせる

現在、大きく分類すると8種類の緑内障点眼薬があり、それらはさらに細かく分かれていて、それらの組み合わせによって眼圧の低下を維持します。

多くの方が点眼のみで治療できる一方、点眼では十分な眼圧低下ができない、点眼自体にアレルギーがある等で視野欠損が進む場合は、手術療法が選択されます。

 

手術について

手術療法は、ここ10年でいろいろな新しい方法が考案され、先日の日本緑内障学会で多くの治療成績が発表されています。

いずれの手術も、いかに眼圧を長期間下げられるか、さらにはより低侵襲であることを目標としています。

緑内障の治療とは、あらゆる方法を用いて、生涯において眼圧を下げ視野を維持することです。

 

プロフィール

伊藤 勇

「保谷伊藤眼科」院長。大学病院で最先端の眼科医療に携わった後、同院を開業。白内障等の日帰り手術のほか、網膜硝子体疾患手術、緑内障手術、眼科一般診療などを幅広く行っている。公式ホームページ:http://www.itoganka.com/

2020/2/18

緑内障治療の動きについて

街かど診療室 保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム   緑内障で眼科に通院している方で、点眼増加や手術に踏み切るなど、治療強化となる場合があります。 今回は、その治療強化の判断基準をまとめてみます。   緑内障の段階を整理すると ①目標眼圧に到達していない場合 緑内障と診断されるにはいろいろな検査が行われますが、未治療の際の眼圧を基準として、そこから20%程度下がるように点眼などで眼圧を下げます。この目標眼圧に到達できない場合、点眼追加などとなります。 ②視野に悪化傾向が認められた場合 目 ...

ReadMore

2019/9/18

緑内障の治療について

街かど診療室 保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム   緑内障は、眼科診療における慢性疾患として継続的な診察と治療が必要です。 緑内障を疑われたら、現在はまず診察と画像による診断を試みます。 目の他の病気を除外したうえで、緑内障がさらに強く疑われれば視野検査を行い、画像検査と視野検査に矛盾がない状況で異常所見を認めた際に初めて緑内障と診断します。 そのうえで、今後の治療方針を患者さんに説明します。   眼圧を下げる 端的にいうと、緑内障とは時間をかけて視野が欠けていく病気であり、治療は唯一 ...

ReadMore

2017/7/12

早期発見が重要な「緑内障」

40歳以上の20人に1人が罹患 「ひばり中村眼科」・中村院長に聞く 視覚障害の原因疾患の第1位という「緑内障」。いずれは失明……などと恐れられていますが、「ひばり中村眼科」の中村真太郎院長は「緑内障は早く発見して対処することが大切」と強調します。詳しく話を聞きました。   「ひばり中村眼科」の中村真太郎院長 緑内障とはどんな病気?  ――まず緑内障について教えてください。 「網膜の神経が少しずつ減っていく病気です。神経が部分的に減るために徐々に視野が欠けていってしまいます。進行してしま ...

ReadMore

2015/9/16

開放隅角緑内障

街かど診療室 保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム   虹彩(茶目)と角膜(黒目)の付け根にある隅角は広いが、房水(目の中の栄養水)がしみ出しにくいために眼圧が上がる病態で、一番多いタイプの緑内障です。 それでは、適正な眼圧はいくつか。 一昔前は、眼圧が10~20mmHg(ミリ水銀柱)であれば正常といわれていました。しかし、現在では視野がおかしくなるような眼圧を異常値として、その眼圧から20~30%下げることが治療の目的となっています。   眼圧を下げることが唯一の治療法 例えば緑内障発症 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

実感としては寒さの底でも、2月は立春を迎えて、春の気が立つころ。日脚は日々のびつつあって、まさに「光の春」です。 干支九星の世界では、立春が一年の起点。ですから、九星占いでは立春以降(翌年の節分まで) ...

2

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

3

春風献上。 2023年は十二支でいえば卯年、九星でいえば四緑木星年。 「卯」は温和で明朗ながら、「うっかり」することも多い星。一方の「四緑木星」は、春風をあらわす穏やかな星です。マイナス要素としては「 ...

4

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

5

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

6

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

7

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

8

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

9

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

10

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

11

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.