石碑に先人の「思い」を見る  防災ジャーナリスト 森 隆さん

森隆さんは、防災ジャーナリスト。全国を飛び回り、2年前には『石碑は語る~地震と日本人、闘いの碑記』を出版しました。

同書は、日頃メーンで執筆している「保険毎日新聞」の連載コラムをまとめたものです。北海道から沖縄県まで全国から50の地震・津波碑を紹介しています。

そんななかで、森さんが個人的に「三大石碑」と位置づけている石碑があります。

 

石碑が教えてくれること

一つは、岩手県宮古市姉吉地区の「大津波記念碑」(昭和三陸地震=1933年)。「此処より下に家を建てるな」と刻む教え通り、3・11でも波がその碑を超えることはありませんでした。

もう一つは、和歌山県湯浅町の「大地震津なみ心え之記碑」(安政の地震・津波=1854年)。深専寺の門前で屋根を掛けられ、大事に守り継がれてきたものです。建立時の姿を伝える「美しい石碑」といえます。

そして、徳島県美波町の「康暦の碑」(正平地震・津波=1361年)。これは、日本最古の津波碑と伝えられ、山間に堂々とそびえています。

これらに触れて感じるのは、石碑に込められた思いが受け継がれているということです。

象徴的なのは宮城県東松島市の宮戸島にある石碑。3・11の大津波は、貞観地震(869年)で建てられたとも言われる石碑のほぼ100メートル手前で止まりました。この千年以上前の石碑に日頃触れてきた約1000人の島民は、ほぼ全員が難を逃れたそうです。

 

風化させてはいけない

「石碑を単に石と見るか、そこに込められた先人の思いや歴史を感じ取れるか。そこが、石碑の戒めを生かせるかどうかの分かれ目です」

と森さん。

「思い」を後世に伝える動きは、3・11でも行われています。

宮城県女川町では、子どもたちの発案で、21ある浜すべての津波の到達点に石碑を置く「いのちの石碑プロジェクト」が進行しています。

「マグニチュードいくつ、津波が何メートルといったデータは、記録として価値があっても、それでは一般の人には伝わりません。数字を見ても、心に何も響かないからです。身近にあって、物証としてそこからリアリティを感じさせる。それが石碑の本当の価値です」

石碑を追って日本各地を回ってきました。いま改めて思うのは、実感としての「地震国・日本」です。

「だからこそ、3・11さえ風化しつつある今の状況を憂えています。私は職業柄、毎年東北の被災地を訪ねていますが、現地でさえ、『この景色に慣れた…』と感覚が変わってきています。まして、関東や以西では……。

天災は他人事ではありません。1年に1回でもいいから、真剣に防災を考え、非常用品のチェックや、家具の転倒予防、できれば避難訓練への参加などをするべきです。

『真剣に』取り組むことが大事です」

 

もり・たかし 1954年、東京都生まれ。新座市在住。コピーライターを経て、現職。著書に『証言 東日本大震災~1兆2000億円の地震保険金』(保険毎日新聞社)。防災士。

 * * *
『石碑は語る』(保険毎日新聞社)は、四六判、226ページ、1994円。全国・ネット書店で販売中です。

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.