「腹が立つことも、自然体で」 俳優・声優 常田 富士男さん

常田富士男さんは、映画「天空の城ラピュタ」のポムじいさん役などで著名な俳優・声優です。30年ほど前から西東京市に暮らしており、この25日(土)、26日(日)には、保谷こもれびホールで開催の「平和を祈る演劇祭」に特別出演します。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています/常田さんは2018年7月に他界されています)

 

「嘘つき富士太郎」と呼ばれた陰に戦争が

平和への思いは人一倍強いものがあります。

終戦を迎えたのは小学2年生のとき。その1年前に、父が南方で戦死していました。

それを認めたくない思いもあり、戦後も友達には、「お父さんは、ちょっと南のほうにいるんだ。そのうちバナナを送ってくるよ」などと見栄を張ったといいます。

そんな挙げ句についたあだ名が「嘘つき富士太郎」。鬱々した思いを抱えて十代を過ごしました。

そんな暗い時代の転機となったのは、偶然見た演劇でした。

 

「まんが日本昔ばなし」の裏話

「おれも舞台に立って思いっきり、むずむずした思いを表現したい!」

高校卒業後に上京し、劇団民藝へ。仲間と劇団を作った時期もありました。

全国的に名が知られたのは39歳のとき。女優・市原悦子さんとともにテレビ番組「まんが日本昔ばなし」の声優に抜擢されました。

二人ですべての役をこなすという仕事。ところが、前週土曜に送られてくる台本には、配役が記されていなかったといいます。

「毎週火曜の収録のとき、スタジオで初めて指示されるんです。

労働歌もよく出てくるのですが、あれもぜんぶ即興。リズムから何から好き勝手に。

23年間同じスタイルでしたが、毎回わくわくして臨んでいました」

番組はテレビ史に残る名作ですが、「満足感とか達成感はない」と振り返ります。最近、一時期の多忙から解放され、ようやく地元での活動にもぽつぽつ取り組めるようになりました。

 

僧侶となり、「雨ニモマケズ」を詠む

3年ほど前には、在家僧侶の資格を取得しました。朝晩読経し、特に、法華経の精神を反映していると言われる宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を好んで詠んでいます。

「一音一音伸ばして読んでいくと、イメージが膨らみ、時間の味わい方が毎日変わります。雨の情景も日々変わって、激しいときもあれば、しとしと降るときも。それでいいと思うのです。自然体で」

1977年には旧保谷市長選挙に立候補したこともあります。少年期のつらい体験もあり、政治への関心は持ち続けてきました。

「人はいつだって、悲しいことや腹が立つこと、幸せについて話していたいのだから。政治とか平和とか、そんな話は窮屈だと言われそうだけど、そんなことはない。全然窮屈じゃないですよ」

 そう力を込める常田さん。伝えたい思いを抱えて、次の舞台へと向かっています。

 

ときた・ふじお 1937年長野県生まれ。日本アニメ大賞声優部門特別演技賞、モービル児童文化賞を受賞。2018年7月死去。

     ◇ 

「平和を祈る演劇祭」では4演目を上演。常田さんは、レイモンド・ブリッグズ原作『風が吹くとき』より、「ヒルダのレタス畑」の朗読をします。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.